並木会BLOG

茨城県南地区技術科教師有志の会_活動報告
2010-08-19
並木会行われる in 谷田部東中学校実践報告
朝日中@朝日中です。

日時: 平成22年8月19日(木)18:00〜21:00
場所: つくば市立谷田部東中学校 技術室
     
プログラム
仝ロボコン,関東ロボコンについて
簡易CAD/CAM実習の提案
消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
JANコード教材についてのアイディア
ジの推進委員会にて宿題にだされた題材集について

内容
〆8絽‘い垢戮事項を再提案の必要あり。
 スタッフ,タイムスケジュール等の調整をしていくべき。県南が主管であるので,これまでの大会経営のノウハウを駆使せねば!!

簡易CAD/CAM実習の提案
 超簡易3D editor 立体グリグリで作成したデータをもとに,グリロボでスチロール板を切削加工していく実習。
自分で作成したデータで加工機械を動かし,目の前のものが作り上げられていくことは圧巻。なかなかない経験です。生徒にも現代のものづくりの一つを,実感,体感させたいものです。

ウィキペディアより
CAD(キャド、英: Computer Aided Design)は、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。人の手によって行われていた設計(Design)作業をコンピュータ(Computer)によって支援(aid)し、効率を高めるという目的からきた言葉である。

CAM(キャム)とは、コンピュータ支援製造 (computer aided manufacturing) の略語。製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行う為のシステムであり、出力されたデータは、CNC化された工作機械に送られて実際の加工が行われる。

消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
 これは個人的に一番食いついた提案でした。「効率」ということを生徒にお題として出したときに,「生徒はどんな反応をするのか?」「効率を考えるとどんなことが必要か?」「この条件で生徒はどんな効率的なことを考えるのか?」こんなことを考えるとワクワク感がありました。生徒への条件設定や教師サイドの教材研究がこれからの課題もみつかりこれまた有意義。消費電力量リミッターは,試作段階ということで,今後のさらなる開発や生徒の反応が楽しみ!

JANコード
 JANコードとは,バーコードの規格の一つで,日本製品のすべてにつけられているもの。これをバーコード読み取ると,その製品情報が盛りだくさんに含まれているということがわかる。その中には,メーカーのサイト情報やその製品のユーザーなどの情報まで含まれている。話題は,2次元バーコードやSUICA,ICタグにまで話が広がった。これからの時代,子供たちにとって生活していく上で,こうした通信情報というものの存在を知らせておくべきと実感。
 グーグルでJANコード(バーコードに下にある11ケタの数字)の数字を検索すると,商品情報やサイトが検索できるのも驚き!!お試しあれ!!
  
 某コンビニエンスであなたは何才と入力されているのだろか?(笑)

ウィキぺディアより
バーコード * 一般的な[[商品]]で使われるものは、日本が[[JANコード]]、ヨーロッパが[[EANコード|EAN]]、北米が[[UPCコード|UPC]]�日本で使われているJANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が

ジの宿題について
 県の事務局よりはるばる参戦してくださった先生もいて感激!!
県の宿題にも並木会的には火がついた手ごたえありです。
11月には各郡市の推進委員がかだい取りまとめて提出の課題です。
 それぞれの参加者が課題を持ち帰り,県の宿題の一助になればと!

PS 実に中身の濃いひと時でした。いつもなら写真記録を取るところでしたが,今回は熟考しすぎてカメラ記録が抜けました。個人的には,並木会を定期的に開催すべきかと!!そうしたことができるほうが楽しいですね。
Posted by namiki at 23:48:36 on 2010/08/19
[閲覧(1623)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project