並木会BLOG

茨城県南地区技術科教師有志の会_活動報告
2008-09-12
カンナの整理箱実践報告
手代木中 Yです。
かんなの整理箱を作ってみました。
 技術室にあった金属製のキャスター付きワゴンにしまえるような大きさにしました。外枠は1×4材で,
かんなの支えになっているブロックは2×4材を丸鋸で切ったものです。底は5mmくらいのラワン合板で
す。かんなを交互にしまうのですが,刃が出ていてもそのまましまうことができます。(刃があたらないよ
うになっている)
 本来なら片付けの時には刃を抜いて手入れするのがよいのですが,授業が立て続けにある本校では,たくさんの刃の調整をやっている時間がなかなかとれません。
 そこで,刃をいためずお金がかからないような箱を作ってみました。外枠はかんなよりもちょっとだけ高
くなっていて,重ねてもかんなに負担がかからないようになっています。


Posted by namiki at 07:43:01 on 2008/09/12
[閲覧(2086)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project