並木会BLOG

茨城県南地区技術科教師有志の会_活動報告
2008-06-17
2008/06/13谷田部東中での授業研参観者アンケート結果お知らせ
Q 公開授業での「教師が生徒のアイディアを発見する」という視点についてどう思われましたか。関ブロに向けて何を考えていけばよいでしょうか。

・ついついいろいと言ってしまいがちですが,教えすぎないこと。あと,拾おうと思っていることを探す。
・生徒同士で学び合う上で,教師がアイディアを発見することは大切なことだと思います。生徒も活動に対して意欲的になると思います。
・授業が楽しくなる→教師が楽しい→生徒が楽しい→みとめられる→人づくり→
・普段の授業からアイディア発見を行い,アイディアをみつける目を生徒につけさせていく。
・生徒達は最低限のことを教えてもらうと自分たちで新たな技能を発見し,生徒同士で共有を図る。
・よい視点だと思う。アイディアを他に広めるという部分では,少し難しいかも?
・授業を見る時に何を中心とすべきかをいくつか挙げてもらえるとさらによいのではないかと思います。
・大変興味がもてる材料だと考えます。
・パソコンの操作もアイディアに入るのか迷いました。デザインのアイディアだとなるほど〜と思うことができるのですが,授業での説明していない操作方法をみつければ,それは発見と考えていいでしょうか?
・教師が生徒のアイディアを発見するという視点もいいが,生徒同士がアイディアを発見しあうという視点も大切。
・自分一人では,自分の視点だけ,もっと多くの視点を身につけるためには,意識した授業を多くやる。そのような視点の授業をもっとやる。
・興味深いものを積極的に全体で共有することは素晴らしかった。改めて共有の手法を考慮すればさらによくなると思います。
・特別なことではなく,良いと思います。
・友達の作品を見られる環境を設定すると生徒も多くのことに気づくのだなぁと感じました。
・見せる授業に徹してはいかがでしょうか。


Q 研究協議にワークショップを取り入れました。今後のリハーサル授業公開や関ブロの授業研当日にもワークショップの形態を取り入れることができればと考えています。ご意見をお願いします。

・視点をはっきりさせること
・先生方の思いや,考え方がそれぞれに聞けて,とても充実した時間になると思います。次の授業でやってみようと思います。
・ワークショップの論点,授業の視点の明確化
・人数が多いと思うので,メンバー構成や方法も考えていきましょう。
・各自の考えが反映できるがまとめる時のリーダーの役割が重要
・大きくグループで行ったワークショップを1つにまとめる時間をつくると,さらによいのではないかと思います。(まとまらないかもですが)
・本日のワークショップは大変よかったです。人数も適当でした。「促える視点」「課題」「評価」というある程度のまとめりを予め与えるとよいと感じました。
・自分の勉強にもなるので,ワークショップはおもしろいと思います。授業者の意図も伝わりやすいです。
・研究協議という形より,話が深まると思います。
・ワークショップは有効だと思われます。いきなり来た人には視点をよく理解してもらわないと難しいかも,自分たちがワークショップを多くこなし,関ブロの時それぞれのグループの司会ができるようにする。
・推進委員,協力委員同士で意見が共有できてよい。また,自分の意見も述べやすいので,是非取り入れるべき。
・視点を絞って行うとよいと思います。
・模造紙にまとめていくと頭の中がすっきりしました。
・事前にないようと観点を具体的に提示してください。


Q 今回公開授業と授業研で先生方が「発見した」(気づいたorわかった)ことは何ですか。

・授業の終わりにその時間の良かった所を紹介すること
・生徒同士における学び合いには環境も必要だと思いました。生徒のアイディアを発見し,活動の中で伝える手段をあらゆる方向から考えて授業の中で取り組む必要があると考えました。
・がっちりの部分で底上げ→アイディアで自己表現
・気づき方を磨きたいと思います。
・生徒のアイディアには驚かされた。研究協議の中でもあったが,こういった授業では先生の生徒との関わり方が大切だと思う。声のかけ方,共有の仕方など工夫するべきことがたくさんあると感じた。
・様々な共有の方法,仕方です。
・授業の最初と最後の教員からの評価をいかに的確にするかが難しいと感じました。研究授業で見学者が動き回ることで本当の生徒の姿が見えなくなるという課題もあると感じます。時間を区切って,前半は後ろからオブザーブ,後半は机間を歩き回るなどの工夫もよいかもしれません。
・アイディアを共有・継承することでさらによい作品を製作することができると思う。
・公開授業として考えるならば,先生の関わりによって,生徒がこのように変わったという部分がまとめの中にほしい気がする。
・教師ひとりひとりが自分のことだと思って,協力し合い,実践していくことが大事だということ。
・つくば市のPC室の机の配置は,互いの知的財産を尊重することを助長ちていると思う。とても参考になった。
・学び合いの定義は何?
・先生や友達からのつぶやきで,生徒は大きな変化をするものだなと改めて感じました。・ねらいは1つでも生徒へのアプローチはいろいろあることと,その方法の弱点を知りました。
Posted by サイト管理者 at 10:38:11 on 2008/06/17
[閲覧(1699)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project