並木会BLOG

茨城県南地区技術科教師有志の会_活動報告
(1) 2 »
2010年08月19日
並木会行われる in 谷田部東中学校実践報告
朝日中@朝日中です。

日時: 平成22年8月19日(木)18:00〜21:00
場所: つくば市立谷田部東中学校 技術室
     
プログラム
仝ロボコン,関東ロボコンについて
簡易CAD/CAM実習の提案
消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
JANコード教材についてのアイディア
ジの推進委員会にて宿題にだされた題材集について

内容
〆8絽‘い垢戮事項を再提案の必要あり。
 スタッフ,タイムスケジュール等の調整をしていくべき。県南が主管であるので,これまでの大会経営のノウハウを駆使せねば!!

簡易CAD/CAM実習の提案
 超簡易3D editor 立体グリグリで作成したデータをもとに,グリロボでスチロール板を切削加工していく実習。
自分で作成したデータで加工機械を動かし,目の前のものが作り上げられていくことは圧巻。なかなかない経験です。生徒にも現代のものづくりの一つを,実感,体感させたいものです。

ウィキペディアより
CAD(キャド、英: Computer Aided Design)は、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。人の手によって行われていた設計(Design)作業をコンピュータ(Computer)によって支援(aid)し、効率を高めるという目的からきた言葉である。

CAM(キャム)とは、コンピュータ支援製造 (computer aided manufacturing) の略語。製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行う為のシステムであり、出力されたデータは、CNC化された工作機械に送られて実際の加工が行われる。

消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
 これは個人的に一番食いついた提案でした。「効率」ということを生徒にお題として出したときに,「生徒はどんな反応をするのか?」「効率を考えるとどんなことが必要か?」「この条件で生徒はどんな効率的なことを考えるのか?」こんなことを考えるとワクワク感がありました。生徒への条件設定や教師サイドの教材研究がこれからの課題もみつかりこれまた有意義。消費電力量リミッターは,試作段階ということで,今後のさらなる開発や生徒の反応が楽しみ!

JANコード
 JANコードとは,バーコードの規格の一つで,日本製品のすべてにつけられているもの。これをバーコード読み取ると,その製品情報が盛りだくさんに含まれているということがわかる。その中には,メーカーのサイト情報やその製品のユーザーなどの情報まで含まれている。話題は,2次元バーコードやSUICA,ICタグにまで話が広がった。これからの時代,子供たちにとって生活していく上で,こうした通信情報というものの存在を知らせておくべきと実感。
 グーグルでJANコード(バーコードに下にある11ケタの数字)の数字を検索すると,商品情報やサイトが検索できるのも驚き!!お試しあれ!!
  
 某コンビニエンスであなたは何才と入力されているのだろか?(笑)

ウィキぺディアより
バーコード * 一般的な[[商品]]で使われるものは、日本が[[JANコード]]、ヨーロッパが[[EANコード|EAN]]、北米が[[UPCコード|UPC]]�日本で使われているJANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が

ジの宿題について
 県の事務局よりはるばる参戦してくださった先生もいて感激!!
県の宿題にも並木会的には火がついた手ごたえありです。
11月には各郡市の推進委員がかだい取りまとめて提出の課題です。
 それぞれの参加者が課題を持ち帰り,県の宿題の一助になればと!

PS 実に中身の濃いひと時でした。いつもなら写真記録を取るところでしたが,今回は熟考しすぎてカメラ記録が抜けました。個人的には,並木会を定期的に開催すべきかと!!そうしたことができるほうが楽しいですね。
Posted by namiki at 23:48:36 on 2010/08/19
[閲覧(1623)][コメント(0)]

2010年03月14日
ロボットアイディアチャレンジ2009贈賞式!!実践報告
朝日中@技術担当です。

 先日3月13日(土)に東京の飯田橋にあるグランドパレスホテルで,ロボットアイディアチャレンジ2009の贈賞式が行われました。
 茨城県南から谷田部東中から3チーム,朝日中から1チームの入賞です。審査員には,特許庁関係者,ロボットデザイン系の会社経営者,メーカーの経営者,技術教育に携わる大学の先生方です。
 「特許」,「知的財産」,といったキーワードは,これからの時代の中で本当に重要な位置であると再認識しました。
 
 こんな疑問が沸いてきます。
では,中学校の教育現場で何ができるのか?
技術教育で何ができるのか?特許というものを,TRCKで体感している生徒とそうでない生徒では,大きな差があるように思う。その差はどんなところなのだろうか?
ロボットアイディアチャレンジに入賞したチームと取り組んでいないチームではどういう差があるのか?  
アイディアの表現の面白さをどう伝えていくべきか?
等々

 このあたりをきちんと整理していくことが,本質を見抜いていくにあたって,大切かと。

そこで一提案
 <技術科の知財教育のあり方>
・アイディア発見シートでトレーニング
・アイディアひらめきシートで実践面への昇華
・ラーニングジャーナルや報告書で,「こうすればよかった!!」の報告


こうしたことが技術科における言語活動の柱になってくることが望ましいのではないかと考える。

 将来的には,アイディア発見シートやアイディアひらめきシートは,現実社会の「特許明細書」にもつながってくるし,ラーニングジャーナルは,現実社会の「報告書」にもつながってくる。

 そして,それぞれのアイディアを結ぶものとして,idea共有サイトの存在がすごく重要になってくる。

 学習指導要領にも「知的財産」,「技術に関する倫理観」といったキーワードが明記された。このあたりとも,リンクした実践ができないものかと。
 
 新年度に向けて,並木会で研修していきたいものです。
Posted by namiki at 18:35:02 on 2010/03/14
[閲覧(1604)][コメント(0)]

2009年10月19日
第3分科会 本格的に準備始まる実践報告
朝日中@技術担当です。

 大穂中にノートパソコンが入りました。その配線と無線LANの設定をして,ネットにつながる環境にみんなで設定しました。
あっという間に仮説PC室ができてしまうものです。
 ほかに掲示物や名札や資料等の準備をすすめました。
抜けのないように準備は進めてはいますが,参観される先生にどのように映るのか? 最後まで気は抜けません。

 学校業務と関ブロの準備は,よい勉強になります。多くの先生方と協力できるので楽しいですね。

 今週末,研究授業大穂中でみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

Posted by namiki at 19:01:45 on 2009/10/20
[閲覧(1932)][コメント(0)]

2009年10月15日
第3分科会の打ち合わせ実践報告
朝日中@技術担当です。

本日は,つくば市立大穂中で第3分科会の打ち合わせが行われました。

○指導案の検討
 指導案の検討といっても完成しているので,その行間にある本質的なものについて議論しました。導入部分,展開部分,終末部分などの行間に見られる第3分科会の面白さを,議論しました。
 各中学校の生徒の実態やさまざまな譲許を想定して議論しました。指導案の作成が終わったにも関わらず,指導案検討という感覚が,私にはなかったので,皆さんの熱い思いを感じた検討となりました。

○掲示物の検討
 県南のこれまでの取り組みを,流れをおって掲示して,実践の本質をお伝えできればと考えています。掲示物をまとめていて,まだまだ第一歩の実践だというのが,正直な私的な感想です。
 idea共有サイトを通じて,これから大きな輪に広がればと思っています。みなさまのご感想等お聞かせくださいませ。

PS 大穂中の牛乳はおいしかった!!

次の集まりは
平成21年10月29日(月) 20:00〜 つくば市立大穂中です。

Posted by namiki at 16:42:22 on 2009/10/17
[閲覧(1666)][コメント(0)]

2009年10月13日
第3分科会資料綴じ込み実践報告
朝日中@技術担当です。

 本日は第3分科会の資料の綴じこみを,手代木中で行いました。
私は遅れてしまったので,綴じこみを出来ずに,その他の準備物などの確認から参加しました。

 掲示物やらパソコンやらさまざまな準備物が発生します。
これからまた大変になってきそうですね。

Posted by namiki at 22:20:02 on 2009/10/13
[閲覧(1770)][コメント(0)]

2009年08月28日
第3分科会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

日時: 平成21年8月28日(金)18:00〜
場所: 谷田部東中学校会議室
内容: 関ブロ当日の教室環境,掲示物等について

 関ブロ当日の教室環境,掲示物について話し合いをしました。
体育館に仮設コンピュータ室を作ります。そして仮設コンピュータ室の仕切りの内側には,授業に関する掲示をします。外側には,これまでの研究の経緯や基本的な考え方などの資料,生徒作品等を掲示します。これは,昨年の長野大会を参考に掲示物を検討しました。長野県さんを参考にすることで,より良いものを目指していきたいと思います。
 授業前日のみでの設置となりますので,これから下準備をしておく必要があります。遅くとも9月中にはめどをつけておきたいですね。

体育祭,新人戦,合唱祭等々,スポーツの秋,文化の秋の季節です。第3分科会からもより良い提案ができればと考えています。

Posted by namiki at 13:42:37 on 2009/08/31
[閲覧(1556)][コメント(1)]

2009年08月20日
第3分科会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

第3分科会行われました。

日時: 平成21年8月20日(木)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校(会議室)
内容: 各研究班の提出原稿の最終確認

 本日は,原稿の最終点検が行われました。年間計画,指導案を重点的に行いました。
 個人的に,年計を書くということは,学習指導の全体が見え,大変勉強になりました。言葉の使い方,規準の設定,研究主題に迫る教師の関わり方,他教科,領域とのかかわり,・・・・大変勉強になりました。いろいろな学校の実践を聴き合うというのは,「教師の学び合い」となり,一番身になる研修となっていますね。どの先生方も真剣モードで話をしてくださり,知的な刺激となっています。

前回は,チョコレート三昧でした。今回は,塩味三昧で舌が痛くなってしまいました。
 
今後,会場作りや会の進行等の確認と,これまでの研修の集大成です。みんなでがんばりましょう

Posted by namiki at 12:05:51 on 2009/08/22
[閲覧(1704)][コメント(0)]

2009年08月17日
★第3分科会が行われました。本日8月17日18:00〜谷田部東中会議室実践報告
朝日中@技術担当です。

第3分科会が行われました。

日時: 平成21年8月17日(月)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校 2F会議室(職員室となり)
内容: 各担当から
指導案検討
年間指導計画検討
ワークシート検討
旧名称「ガイダンスシート」検討
アンケート検討
会場準備検討
掲示物検討

本日は,指導案,年間指導計画,ワークシート,旧名称「ガイダンスシート」の横のつながりがしっかりとリンクするよう,検討をしました。
 それぞれの担当の思いがぶつかり,その調整に時間はかかりましたが,大変有意義なひとときとなりました。さらに,一言一句の検討をしたものの,まだまだ詰めが甘い部分があるので,県への提出に向けて再検討です。

 検討をしていて思ったこととして,茨城県が関ブロにあたる年は,学習指導要領の改定の時期の場合が多いサイクルのようです。研究推進をする上で,非常にやりづらい部分もある時期に当たってしまうのですが,見方を変えれば,これから次の改定までは,先進的な実践を他県より継続して積み重ねて実践できるということにもなります。ということは,次の改定を見据えた実践を,今後,先駆的にできるということにもなります。
 関ブロで残した課題が,次の改定の一助ともなり,また,大きな影響を及ぼすかもと考えると,一言一句の検討もこれまた楽しいものです。

<ということで,次回のお知らせです。>

日時: 平成21年8月20日(木)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校 2F会議室(職員室となり)

 本日の見直し 会場設定 ワークシート等々

 他地区で研究推進担当でがんばっていらっしゃる方々,さまざまな形で携わっている方々,これまでの一区切りは,2ヵ月後ですね。おいしいビール&料理をめざして共にがんばりましょうね!!   
Posted by namiki at 11:23:22 on 2009/08/18
[閲覧(2244)][コメント(235)]

2009年08月12日
第3分科会研究推進委員会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

 研究推進委員会が行われました。
 最終的な詰めの段階に入り,文言の整理や形式の統一など,細かなところの検討なので,集中した協議が行われました。

<内容>
指導計画の検討
 指導計画で重点を置いたところは,「がっちり(基礎の習得)」と「学ばせる(学びを繋げる)」の明確な位置づけをしたことです。 

授業指導案の検討
 授業の展開前の前段からこだわって協議をしました。題材観,生徒観,指導観,等々の流れを作りこんでいくと,自然と展開部分の形が見えてくるものです。展開部分は,今までのプレ授業や日ごろの授業の反省から,さらにブラッシュアップできました。

 上記のどちらも次回までに,再編成してよりよいものにしていく方向で終わりました。
 基本的な考え方がしっかりしていると,年間計画にしても授業の指導案にしても,作りこみやすいということに気付きました。
その基本的な考え方になっているのが,「茨城県南地区の知的財産の学習サイクル」で,

ヾ霑辰鮟得する。
∋温佑砲垢襦並砂邸
3悗唸腓Α柄和ぁ
し兢気垢襦紛ν)

 ,↓い裡海弔両賁未魏誕させ,学習サイクルが回り続けるわけです。日ごろの授業で何気なくやっていることを,明文化しておくことで,教師サイドのスタンスが明確になり,非常に実践に結びつきやすい学習サイクルだと考えます。
 さらにこの学習サイクルを手助けするものとして,「アイディア発見シート」「アイディアひらめきシート」「ラーニングジャーナル(授業のふりかえり)」が位置づけられています。

 こうした学習サイクルは,生徒が学び続けるために大切なことではないかと考えます。

 次回は,8月17日(月)18:00〜 谷田部東中です。


Posted by namiki at 09:52:21 on 2009/08/13
[閲覧(1670)][コメント(0)]

2009年08月10日
研究推進委員会行われました実践報告
朝日中@技術担当です。

推進委員会が行われました。

日時: 平成21年8月10日(月)18:00〜20:00
場所: つくば市立谷田部東中学校会議室(暑い時)
内容: 各分科会の提出原稿等の確認
     ・紀要原稿(提案研究部)
     ・授業ワークシート(授業研究部)
     ・教室掲示物原案(授業研究部)
     ・年間指導計画&評価計画(評価研究部)
     ・題材チェックリスト(題材研究班)
     ・ガイダンスシート(題材研究班)
     ・当日の分担,確認
     ・会場の図面の確認
     
朝日中@技術担当より
 各担当から15分刻みで提案がされました。各分担がどこかで調整し合わないと,なかなか研修もうまく進みませんね。

 議論していておもしろかったのは,資料を再構成していくことですね。「アイディアひらめき」と一緒です 楽しみながらやれることが必要かと。

 提出原稿を急ピッチで作成し,再度集まることになりました。
次の集まりは8月12日(水)18:00〜 谷田部東中です。
Posted by namiki at 11:24:37 on 2009/08/18
[閲覧(1762)][コメント(1)]

2008年12月27日
「なるほど!ナットク!アイデア報告書」に参加してきました。実践報告
朝日中@技術担当です。

ひさしぶりの投稿です。

■中学校教員向け「知的財産研修会」
 「なるほど!ナットク!アイデア報告書」に参加してきました。

 プログラム  -----------------------------------------
 (1)「新学習指導要領における知的財産教育」
   文部科学省初等中等教育局・上野耕史教科調査官

 (2)「入選作品に学ぶ報告書の制作指導」
   信州大学教育学部・村松浩幸准教授

 (3)「特許のプロが伝えるアイデア表現方法」
   弁理士・遠山 勉氏


 どれもためになる話を聞くことができました。
 改めて学習指導要領の「(5)すべての内容において,技術に関わる倫理観や新しい発想を生み出し活用しようとする態度が育成されるようにするものとする。」が,これからの時代には必要不可欠だと再認識しました。

私の学びのキーワード化
 ○知識基盤社会
 ○記憶だけではだめな社会
 ○柔軟な思考力が必要
 ○競争できる力
 ○協力,共存する
 ○創造,活用する力が求められている
○知的財産と知的財産権 
 ○言語として扱う
  「設計図」「報告書」
   →県南の取り組みとして「アイディア発見シート」「アイディアヒひらめきシート」「ラーニングジャーナル」
 ○新規性,進歩性,有用性
 ○目的,構成,効果
 ○アイディアをキャッチフレーズとして表すこと。アイディアを報告書として表す。技術のインデックス。
 ○組み合わせでの発明 ラジカセ特許 ラジオ(電波受信)+カセットレコーダー(録音できる)=ラジカセ(ラジオの音声を録音できる)
 ○論理的に物事を説明する。
 ○コンセプトワーク 名称をつけることが重要
 ○模倣と創造
 ○模倣なくして学習なし
 ○できるをたくさん書くことが,発明の一歩

 今回は写真を撮ることも忘れるくらい集中していました。(笑)
夜の一献もこれまた楽しいひとときを過ごすことができました。

 まずは本を読んで勉強することです。
Posted by namiki at 11:19:38 on 2008/12/27
[閲覧(1608)][コメント(1)]

2008年09月14日
TRCK2008 事務局実践報告
朝日中@技術担当です。

 9月12日(金)に谷田部東中 技術室において,TRCK2008一次締め切りの事務局が行われました。

<内容>
 (1)参加チーム数確認
 (2)役割分担
 (3)その他

 今年で5回目ということで,打ち合わせもスムーズに進行し,関ブロとのバランスをとりながら,毎週金曜日の週末には,集まりをもち,確認作業をしていくことになります。
 技術科は学校一教師と零細企業なので,こうした集まりでいろいろなことが聞けると,元気が出てきますね。

次は,9月19日(金)16:00〜  茎崎中学校 

<内容> 
(1)21年度関東甲信越地区中学校技術・家庭科教育研究茨城大会について
(2)10月30日(木)開催のリハーサル授業に向けての打ち合わせ及び準備
(3)平成20年度県南地区ロボコン大会の運営について


Posted by namiki at 16:19:58 on 2008/09/14
[閲覧(2050)][コメント(0)]

2008年09月12日
ラーニングジャーナル実践報告
朝日中技術担当@評価研究部です。

 県南では,ラーニング・ジャーナルというものを始めました。
 簡単に言うと,生徒がその日の授業で学習したことを,書き留めていくもの。今までの学習の記録との違いは,学習してきた軌跡が見えるように,細かい枠組みを作らず自由な記述にしたこと。そうすることで,その学習の製作目標や単元の目標をいかに生徒自らが実現してきたかが表現され,教師はその学びを見とっていく。また,生徒同士や生徒と教師の間の学びが表現されてくれば,学習活動が,単体ではなく繋がりのある学びへと深化したことが,「学びの軌跡」として表現されていく。
 繋がりがもてるような学習活動を展開するためには,それをつなぎ合わせる媒体として,「アイディア」が活躍し,「アイディア」にスポットを当てた学習展開をすることで,繋がりのある学習活動が展開されるであろうと考える。
 そこで教師には,「アイディアを引き出す」「アイディアをつなげる」「アイディアを見つける」「アイディアを認める」「アイディアを分析する」・・・・・といった視点が,必要ではないかと考える。これは,一斉授業の「教師から生徒へ」といった知識の流れから,「生徒から生徒へ」といった授業本来の学びを実現するものであり,ちょっとしたことに生徒が「なるほど!!」とか「すごい!!」とか「どうして?」といったような知的好奇心をかき立てられ,面白味のある授業が展開されていくべきなのである。
 
ラーニングジャーナルの実践報告&記入用紙例については,
アイディア共有サイトに掲載されている。

 県南各地で,ラーニング・ジャーナルが実践され,様々な分析・考察が寄せられることに期待したい。 
Posted by namiki at 15:54:03 on 2008/09/12
[閲覧(2565)][コメント(1302)]
卓球ボール拡散防止ネット実践報告
手代木中 Yです。
 卓球部のネットを作ってみました。
 卓球部で使用するボールがころがっていかないついたては,高さが60cm,幅が120cm位で1枚
1500〜2000円くらいします。また,脚が折りたたみ式なのでちょっとしたことで倒れることもあ
ります。
 そこで,卓球部の顧問として「ネットを作ればいいんじゃないの?」と思いつき,製作しました。
構造はオリジナルです。2年前に3つ作り,今年5つ作りました。大きさは,高さ90cm,長さ180cm
くらいで,材料費は1000円くらい。製作時間は1つ2〜3時間です。(慣れたり,一度に作るともっと効
率がよくなります。)
 ネットは破れても交換ができます。(今年2つ交換しました・・・。)
【材料】
○ネット
 ジョイ○○○田の農作業資材売り場で売っていた2m×1mで200円くらいのもの。2m幅で1m200
円くらいでした。
○木材
 1×4材が3本,2×4材が1/2本,角材(30〜40mm)が1本,ネットを押さえる10×30
〜40mmくらいの細長い板が3本です。(180cmの長さを1本として)
○その他
 接着剤,ホットボンド,コースレッド(木ねじ),インパクトドライバ,ブレーキ付きスライド丸鋸など
 
8個あるとけっこう使えます。強度も接着剤を併用しているので十分です。卓球部の生徒はもちろん,保護
者からも喜ばれてちょっとうれしい作品です。
Posted by namiki at 07:46:56 on 2008/09/12
[閲覧(3160)][コメント(2)]
カンナの整理箱実践報告
手代木中 Yです。
かんなの整理箱を作ってみました。
 技術室にあった金属製のキャスター付きワゴンにしまえるような大きさにしました。外枠は1×4材で,
かんなの支えになっているブロックは2×4材を丸鋸で切ったものです。底は5mmくらいのラワン合板で
す。かんなを交互にしまうのですが,刃が出ていてもそのまましまうことができます。(刃があたらないよ
うになっている)
 本来なら片付けの時には刃を抜いて手入れするのがよいのですが,授業が立て続けにある本校では,たくさんの刃の調整をやっている時間がなかなかとれません。
 そこで,刃をいためずお金がかからないような箱を作ってみました。外枠はかんなよりもちょっとだけ高
くなっていて,重ねてもかんなに負担がかからないようになっています。


Posted by namiki at 07:43:01 on 2008/09/12
[閲覧(2040)][コメント(0)]
工具の手入れ(げんのう)実践報告
手代木中 Yです。
 げんのうの手入れをしました。本校には,古くなって釘打ち面がでこぼこになったげんのうや平らな面か
丸みを帯びた面かよくわからないげんのうがほとんどでした。
そこで,グラインダーの荒い方を使って平らだとおぼしき面の方を平らにします。うまくけずれるかどうか
の加減はけずる人の技量やカンに大きく左右されると思います。
 次に,ベルトサンダー(60番というやたら荒いベルト)で平らにします。くぎを打つように柄を持って
ベルトサンダーでけずります。平らになったら,(100番の)ベルトサンダーで軽くけずり,ミシンオイ
ル(工具の手入れに使ってます)のしみこんだ布で拭いて終わりです。
 こうすると,接合の指導のとき,げんのうの使い分けを指導した後,生徒がげんのうをみて「なるほど」
と思って作業に臨めると思います。
(写真のげんのうの左側は,丸みを帯びた面(そのまま),右側は手入れした平らな面(柄と垂直にわずか
に残っているのはグラインダーのあと)
Posted by namiki at 07:37:52 on 2008/09/12
[閲覧(2915)][コメント(0)]

2008年06月07日
並木会行われる in Yatabehigashityuu実践報告
朝日中@技術担当です。

谷田部東中で並木会が行われました。

<<<内容>>>
(1)県南ブロック研修会について
  公開授業指導案検討
  役割分担
  ワークショップについて
  その他

(2)TRCK2008について
  エントリーについて
  特許について
  コメントについて コメントの処理の仕方
  その他

(3)その他
  コート作成について
  アイテムについて   (缶は250mlです!!お間違いなく !)
  
 今年でTRCKも最後。特許申請も過去最高に加速中です。
サイト上も大会当日も大いに盛り上げていきましょう

 次回は,6月13日(金)13:00〜
つくば市立谷田部東中学校で県南授業研が行われます。
Posted by namiki at 16:59:01 on 2008/06/07
[閲覧(2182)][コメント(1)]

2008年03月23日
創2008 開催中実践報告
朝日中@技術担当です。

「創2008」と題して,朝日中学校作品展を開催します。技術・家庭科,美術科,国語科の作品を展示してます。

 日時 3月23日(日)〜3月29日(土)まで
      9:00〜17:00(最終日は15:30まで)

 場所 阿見町本郷ふれあいセンターギャラリー




もしお近くまで来たときには,お立ち寄り下さい。


Posted by namiki at 18:12:39 on 2008/03/23
[閲覧(2166)][コメント(0)]

2008年02月01日
並木会 in Yatabehigasshi  Tsukuba実践報告
朝日中@技術担当です。

本日並木会が行われました。県南推進委員会です。
内容は,関ブロに向けての研修です。
 年計の見直しやアンケートの分析,提案内容の再考などなど,充実したひとときでした。刺激的でした。

 なかでも提案内容におけるワークショップは,わくわくでしたね!!
 県南の実践がどんなものであるのかが明確化され,さらに図式化へと様々な議論がなされました。若い力とベテランががっちりと組んだ話し合いはいいですね。私も若い力に負けまいと,必死でした!ワークショップをすると,自分で認識していない視点が見えてきて,思わず「う〜ン」とうなってしまうくらい考えるので勉強になります。
 今晩は若いエネルギーを感じられ,また明日から気合を入れなおしたいと思います。若いエネルギーに負けないよう授業を楽しみたいと思います。

  久しぶりの投稿ですいません。本日以外にも,並木会はアグレッシブに活動しています!!
Posted by namiki at 16:36:18 on 2008/02/02
[閲覧(1886)][コメント(0)]

2007年12月14日
プレプレ授業 in Oohotyuugakkou Tsukuba実践報告
技術担当@朝日中です。

 本日,2年後に行われる関ブロのプレプレ授業が行われた。
12月12日(水)に,本日の授業の視点を議論した。
キーワードは,「つなげる」。こうした視点をもてることが,大切と結論付けた。授業の視点を明確化し,研究協議することが,教師にとって一番の肥やしになるかと!!多くの資料よりも,一つの視点!!そしてアイディアをつなげる活動!!
 「つなげる」という視点は,すごく大切。
学習の展開にしても,学習環境にしても,人的ネットワークにしても,いずれも「つなげる,つながる」といった視点が,これからの教育のスタイルには,必要と実感。

 これから,そうした視点で,どれだけ研修が積めるか,理詰めをしていけるかが,関ブロの成功のカギかと。いろいろな意見が聞けて,とても有意義な研修となった。

PS 本日の研修をきっかけとして,おいしいビールにつなげていきたい。

谷田部東中@技術担当から,詳しく本日の所見(成果と課題など)が,提起されるであろう。
Posted by namiki at 01:08:02 on 2007/12/15
[閲覧(1330)][コメント(1)]

2007年10月30日
TRCK2007 無事終了!!実践報告
朝日中@ギジュツ担当です。

 去る10月28日(日)につくば市立茎崎中学校体育館において,TRCK2007(茨城県南中学生ロボットコンテスト)が行われました。
 
 端的にいうと,「すごく成功!!」
会場内には,カウントダウンタイマー4箇所と,どこのコートで試合をしても,同じようにカウントダウンタイマーが見えるように配置!!そして,ギャラリーからも見えるように試合の実況中継画面,
試合記録用画面として,プロジェクターを使い,午前中の試合速報の配布,全ロボットのプロフィール写真の掲載,全特許の掲載,ロボコン報告書のPR,生徒スタッフによるインタビュー&カメラ実況などの運営・・・・・・

 これまで積み上げてきたTRCKのイズムの真価を発揮することができた!!と実感!!

 これも,多くの先生方や,生徒のみなさん,会場校のご協力,地域のみなさん,メディアのみなさんのおかげかと!!

 こうしたノウハウが,多地区や他都道府県にも広がっていくといいなぁ!! 先生方の集結力がこうしたすばらしい大会をうむんですね。一人ではできない!! まさにロボコンです!! 来年も多くの人たちが集結して,すばらしいTRCK2008になりますように!!5年目の節目です!!
Posted by namiki at 15:52:02 on 2007/10/30
[閲覧(1184)][コメント(1)]

2007年10月20日
並木会行われる in Yatabehigashityuugakkou実践報告
朝日中@技術担当です。

 昨日,TRCK2007ロボコン事務局が行われました。

内容
〆罵ソ特許賞,優秀特許賞の決定
 111件以上集まった特許を,全員で読んで投票し,さらになぜそれを選んだのかを説明しあいました。こうした手順を3回繰り返し,111件を5件に特許賞を決定しました。
 議論された内容として,特許のおおもとになったアイディアと,さらに実用新案的に進化した特許とどちらを最優秀賞にするのか,非常に迷い,多数決により決定しました。
そして,僅差で最優秀賞が決定されました。
結果は,TRCK2007閉会式での発表をお楽しみに!!

■圍劭達烹横娃娃轡僖鵐侫譽奪箸慮‘
 今年で4年目ということで,さらにコンテンツの検討をしてよりよいものをができるように検討しました。TRCKの味やエッセンスをいたるところに,織り交ぜられるようにしたいと思います。

〜〜〜ここでいったん並木会終了〜〜〜

オプション
 朝日中ロベルトBlackと手代木中Y先生のパイロットロボットを動かして,どこを改良したらよいか,検討しました。
いろいろなアイディアが出されて,お互いに改良点が見つかったひと時でした。
 こうした繫がりが,生徒,教師共々いい勉強になります。

PS 特許賞の選定に約3時間と,熱い議論が大変勉強になりました。TRCKでも特許の歴史が起こりつつあると,実感しました。


Posted by namiki at 13:02:43 on 2007/10/22
[閲覧(1266)][コメント(0)]

2007年09月19日
ロボットコンテスト県南大会(TRCK2007)事前研修会 行われる  in Yatabehigashi実践報告
朝日中@技術担当です。

 TRCK2007に出場する各中学校の技術担当が谷田部東中学校に集まり,会議を持ちました。

(1)大会運営について  役員 係り打ち合わせ
(2)出場校の確認 各校のエントリー数 出場枠の決定
(3)その他

 県南大会4年目ともなると,係の打ち合わせなどスムーズに行うことができました。新規に参加される学校もあり,今年も今までにない感動が生まれそうです。
 そんな手ごたえを感じた会議でした。 

Posted by namiki at 08:42:19 on 2007/09/30
[閲覧(1251)][コメント(0)]

2007年09月16日
並木会行われる in Tsukubasiritu Kukizakityuugakkou実践報告
朝日中@技術担当です。

 去る9月14日(金)につくば市立茎崎中学校で並木会を行いました。今年度TRCK2007の会場となります。
 茎崎中は,とてもおきな校舎で,廊下の奥のほうまで見えないくらいの大校舎です。各学年10クラス以上の時代があり,学年昇降口があったとか。今は各学年3クラスと減っているとのこと。

 県南ロボコンの1次エントリーが締め切られました。
エントリーのあった学校は全部で19校。
A1に127チーム,A2に38チーム,Bに3チームがエントリー。

並木会内容として>>>
ヽ特羈惺札┘鵐肇蝓竺稜
TRCK2007各中学の出場枠の設定
L魍篳担
げ饐貉觧
イ修梁

大きな体育館に一同唖然!!バスケットオールコート2面を取れる大きさ!!放送機材や電源などを点検中!!
2階ギャラリーには,椅子があり,保護者の観戦もしやすくなりました。(写真左下が椅子です。)
体育館2階には卓球台が5台も余裕で置けるほどのスペースがあり,TRCK2007でも有効に活用できるスペース!!さらに2階を周回できるスペースがあり,観戦にもとても便利!!
体育館エンタランスも広々としていて,世界時計がありいい感じです。
フロアに下りてみて驚き!!天井の高いこと!!そう簡単には,バレーの天井サーブは当たらなさそうです!!
ステージも大きく,大きなスクリーンにカウントダウンタイマーと試合の実況が映るのかと思うと,ワクワクしますね!!音響的にも会場に緊張感のある音が響き渡りそうです。(ぼやけそうなくらい大きいですが・・・・・・)

コーヒーブレイク
 各校エントリーがA1だけで10チーム以上ある学校があったり,初参加する学校があったりと,4年目として大きく成長し,すそ野が広がってきた感じです。
 さらに茎崎中の素敵なトイレに驚き!!大会当日お楽しみに!! 
Posted by namiki at 14:44:20 on 2007/09/16
[閲覧(1284)][コメント(0)]

2007年08月30日
県南推進委員会が行われました in Teshirogityuugakkou実践報告
朝日中@技術担当です。

 本日,つくば市立手代木中学校で県南推進委員会が行われました。手代木中は,ハンドボール部が全国準優勝するなど,数多くの実績をあげている学校なんですね。すばらしいです!!

 本日は,前回出されたお題をそれぞれが持ち寄り,さらに議論を深めました。参加者は12人と充実した話し合いとなりました。
 今回は,全員でワークショップをしました。テーマに関わるキーワードを,1人10枚!!12人×10枚=120枚以上!!人数が多いので2つのグループにわけ,それぞれで類型化し,さらにそれをあわせました。

 これだけのキーワードが出されると,なかなかの迫力がありますね!!さらに各自のテーマに対する考えが統一され,モヤッとがスッキリ!!といった感じです。
 「県南推進委員会,一歩前進!!」と実感!!

コーヒーブレイク
 ある研究部は,「もう関ブロの仕事の半分は終わってるじゃないの!!」と思わせるくらい,いい仕事をしてきてくれました。驚きました。大人の仕事ですね。私はちょっと泣きが入っています。
 いい同僚の仕事ぶりを見習って,今後がんばっていきたいものです。

Posted by namiki at 15:59:50 on 2007/08/31
[閲覧(1393)][コメント(0)]

2007年08月24日
ロボコン審判講習会行われる in Yatabehigashi実践報告
朝日中@ぎじゅつ担当です。

 昨日ロボコン審判講習会が谷田部東中学校技術室において行われました。

<<<内容>>>
1 カウントダウンタイマーについて
 今年もワクワクどきどきのカウントダウンタイマーに仕上がりました。校内大会,TRCK2007もワクワクどきどきです!! 

2 各校のロボットの交流
 さまざまなロボットが終結しました。生徒作品から教師作品まで!!アイディア満載です。勉強になりました。

3 ロボコン審判講習会
 実際にカウントダウンタイマーを用いて,試合形式で行いました。審判は慣れが必要です。最後の最後までワクワクどきどきで楽しみました。  

4 1次エントリーについて
 ファイルが1つのファイルにまとめられ,事務局や参加校の両方にとって仕事が軽減される形になりました。


コーヒーブレイク
 カウントダウンタイマーのサウンドを聴いて,「またこの季節が来たな!!」と,興奮!!この音をこれから何回聞くのやら!!でも,裏を返せば何回も聴いているということは,それだけ改良を加えてロボットが進化しているということ!!
 ワクワクどきどき感を楽しみつつ,冷静な試合運びをしたいものである。TRCK2007で佐賀北の感動をもう一度!!

 
Posted by namiki at 09:30:26 on 2007/08/24
[閲覧(1464)][コメント(0)]

2007年08月21日
日本教育情報学会 in Tokiwa Univercity実践報告
朝日中@ギジュツ担当です。

 本日,常磐大学において開催された,日本教育情報学会に参加してきました。快適な階段教室で,私の学生時代にはあまり考えられないような素敵な校舎でした。あんな素敵なところでまた勉強でもしてみたいものです。

 学会誌には,さまざまな視点で情報教育の実践が掲載され,とても参考になりました。私にとって遠い存在だと思っていた学会も,実際参加してみると,「こんな実践があるのか!!」「こんな見方や考え方があるのか!!」と,今まで持ち合わせていなかった視点を育ててくれる場だと実感!!
 わからない内容も正直あったけれど,そうした視点の変換ができたことはとても有意義。さらに,TRCKと同じスタンスでの実践もあり,これからの時代の教育ではないかという手ごたえを感じた。
 さらに,言葉の表現の問題で,新しい物を生み出すためには,新しい言葉も生み出さなければ,世間には正しく認識されないことも実感。いくら良いことをやっていても,ちょっとしたニュアンスで伝承性が下がったり,本質がうまく伝わらないことがある。そんなことも伝えていくうえで,言語力ということを考えさせられた。

PS ‖膤悗寮萓犬个りの提案かと思ったら,小中学校の先生方の研究実践も多々あり!! これには驚いた!! がんばってらっしゃる方は,世の中にたくさんいるんですね!!

PS◆〇椎阿覆ら伝説の生姜焼きが食せなかったことを不満に思うが,昼食で生姜焼きが食せたので,無理やり自己満足。
 
Posted by namiki at 19:08:38 on 2007/08/21
[閲覧(1381)][コメント(0)]

2007年08月06日
並木会MLより 実践報告
朝日中@技術担当です。

TRCKの取り組みを川俣先生がレポートにまとめて,技術教育研究会で発表してくれます。案内が遅くなってしまい申し訳分けないのですが,本日8/6〜8/8において,春日部にて行われています。

そのレポートを読んでの並木会MLでの議論の紹介です。
(レポートはこちらにあります。→ ロボコンから学ぶ,アイディアを共有・継承する学習環境づくり

<<<From:山口 To:川俣先生へ>>>

川俣先生>レポートご苦労様です。
以下,感想&意見&ひらめきというよりは思いつき等です。
レポートを読ませていただいて,毎度のことなのですが,力強さを感じますね!!さらに,毎回原稿量が違うのですが,いいたいポイントが明確化されていて,読んでいてもわかりやすいです。原稿を再構成する力は素晴しいですね!
ロボコンは違います。>従来の製作活動での違いは,.哀襦璽彑什遒任△襪海函→よって,アイディアの共有化が必要であること。技術的課題が明確であること。→生徒や教師の間に,学びあいや教え合いが生まれるということ。→だからワクワク感があるということ。
ロボコンはひとつの技術的に対してさまざまな見方や答えがあるから面白い!!さらに進化,深化していく可能性がある。
さまざまな見方考え方が人の価値観を広める→ドキドキ感!!
     →→→こんなことがこれからの技術科の売りかな!!
「教える」から「学ばせる」へ>この視点の変換が,教師サイドには絶対必要ですね!!   私がいい例ですね。「ロボコン大嫌いからロボコン大好きに!!」 子供とともに学ぶことで,「教える」から「学ばせる」という視点に変われた様に感じています。→教師自身が変わることが必要。

ideaサイトを核とした共同学習>これが検証できていない部分でしょうか?
共同学習が成立するためには,ある程度,共通の技術的課題が必要かと。

アイディア発見&ひらめきシートから,次につながる連鎖を生み出せるキーポイントとなる実践がほしいところですね。漠然としたコメントですみません。
アイディアを大切にした年間学習指導計画を作る必要があるのかな!?
先日ひらめいたのですが,泡となって消えました。

サイト上に技術的課題を上げるのも面白いかな?!
今まではギジュツドットコムが教師という立場で,教師が考える技術的課題の解決策を挙げていたけれど,idea交流サイトは,生徒のアイデアを取り上げるというコンセプトだとしたら,生徒向けに技術的課題があっても面白いかも知れませんね!!

「君ならどうするこんなとき??」
。蕋筍紕甼νサイトに載ってないアイディアなら,どんどん公開していく
△笋呂蠕萓己は煩雑で投稿するのが大変なので,生徒自ら投稿できるスタイルの確立→いまどきの生徒のほうがフットワークは軽い!!
さまざまなデータが集まれば,さまざまな見方が出てきて,さらにこんなやり方もできるかな!!といった発展系も生まれそうです。それがアイディアの連鎖だし,ワクワク感があって面白いですよね!!

「この製品をどう改良すれば,使いやすくなるか?」
.法璽困鳳じた改良案の立案
▲妊競ぅ麑漫ず猯遡漫す渋ぬ未覆匹覆疋▲廛蹇璽舛呂兇泙兇沺!
ライフスタイルにあわせた改良!!

<<<From:川俣先生 To:山口へ>>>

川俣です。
山口先生早速のRESありがとうございます。
>.哀襦璽彑什遒任△襪海函→よって,アイディアの共有化が必要であること。
>技術的課題が明確であること。→生徒や教師の間に,学びあいや教え合いが生まれるということ。→だからワクワク感があるということ。

,砲弔い討呂△┐匿┐譴泙擦鵑任靴拭グループ製作で
なければ,アイディアの共有が必要でないかというとそう
ではないと思います。グループ製作であったことで,アイ
ディアの共有をしなければならない土壌があったというこ
とだと私は理解しています。
技術的課題が明確であること・・・この部分はこれから
みなさんと練り上げていかねばならない部分だと思いま
す。

> ideaサイトを核とした共同学習>これが検証できていない部分でしょうか

> 共同学習が成立するためには,ある程度,共通の技術的課題が必要かと。

どう技術的課題を設定するのかは,集団で討議すべきか
と思います。今回の共同学習をどういう方向づけで進めて
いくべきなのか議論するために,まずはサイトを使った交流
を進めてその経験から考えてみてはと考えています。

> アイディア発見&ひらめきシートから,次につながる連鎖を生み出せるキーポ
イントとなる実践がほしいところですね。漠然としたコメントですみません。
> アイディアを大切にした年間学習指導計画を作る必要があるのかな!?
> 先日ひらめいたのですが,泡となって消えました。

★今後8/10の県南推進委員会で議論したいこと

今私の頭の中にあるアイディアは,年間計画を日々進化さ
せるというイメージです。その学習を成立させるために最低
限の押さえは何かという議論をもとに,がっちり教える部分
と,学ばせる部分を年間計画上に明確に位置づけ,生徒達
のアイディアの実現のために,その他を柔軟に運用しては
どうでしょう。

がっちり押さえる部分というのが前回の並木会で議論になっ
た基礎基本を押さえすぎないという話に相当します。

がっちり押さえる部分については,これまで通りのスタイル
の年間計画や評価計画を用いることができると思います。
問題は,柔軟に運用する部分の授業をどう年間計画や,評
価計画上に表現するかという点です。あと数日自分なりに
考えて,8月10日18:00〜谷田部東中での県南推進委員
会の折に提案できればと考えています。ぜひ議論お願いし
ます。>推進委員ではないですけど山口先生も来ます?

さらに,年間計画上に,先輩のアイディアに学ぶ部分と,アイ
ディアを記録に残させる部分,作品のまとめをしっかりと継承
させるという部分などを,明確に位置づけていく必要があるか
なと思います。図面を共有する部分についても議論が必要と
感じています。

山口先生のいわれる共通の技術的課題というのが題材のこ
となのかなと感じます。同じものをつくるという意味の題材で
はなくて,同じ技術的課題をもつという意味での技術的課題
的題材が実現できればおもしろそうです。

以上をふまえると,評価計画についても,明確になってくるよ
うに感じています。昨年の県南ロボコン後に県南独自に行った
アンケートの視点をもう一度想起したいですね。

Posted by namiki at 21:36:16 on 2007/08/14
[閲覧(1123)][コメント(0)]

2007年07月20日
並木会行われる in Yatabehigashi実践報告
朝日中@技術担当です。

 主に,関ブロに向けての検討をしました。今までになく多くの先生方が集まりました。夜な夜なの会議は,ややハイテンションで,集中した議論になり勉強になりました。

<<内容>>
1 TRCK2007ロボコンサイトへの投稿の講習
 特に講習はせず,みなさんが投稿することが大切と確認する。「良い取り組みを載せよう!」と思わずに,「楽な気持ちで,日々の教育実践を自分から楽しんで!!」がこれからのキーワードか!!

2 各校のロボコンの取り組み状況の交流
 なかなかみなさん孤軍奮闘しています!!

3 夏休み特別並木会の企画(審判講習会)
 8月23日(木) 18:00〜  谷田部東中
 ロボット持参で参加。自主参加です。多くの参加が望まれる。  実は意外と楽しい大人の遊びです!!
   
関ブロに向けて
4 提案:今こそ茨城県南発の技術科授業革命を!
 提案となる柱の方向性の模索や評価の仕方,教育効果の測定法などについて,さまざまな議論がなされた。わたしも勉強しなければと実感。

5 意見交換各自の思うことをぶつけあいましょう
 さまざまな意見が出され,一歩ずつですが,学校の枠組みを超えた取り組みが始まろうとしている手ごたえを感じた。
 TRCKで培ってきた方向性をいかにこれからの技術教育につなげていくか,理念は素晴らしいものを描けたと実感。これを実践するとなると,人的ハードルがあることも,意見交換の中で発見。
 ロボコン指導者ならではの指導の手法の感覚が,これからの技術教育には,必要。文化や社会とつながっていく,連鎖していく感覚が,大切。
 さまざまな文言の解釈の違いなども,定義づけしていかなければならないのが,これからの課題か。

学会発表と報告
6 知財学会報告
 名づけて,「頭が良くなるゴーフル」を食しながらの報告。「Web2.0から学校2.0へ」こうした,時空を超えた縦横斜めのつながりが,これからの時代には必要。知識や情報は,必要なときに,必要なものをチョイスできる力が,意思決定力を育てるのではないか。 とにかく学校だけの責任ではない。全体のバランスだ!!

7 教育情報学会案内(8月21日に発表予定)
 茨城県で行われる学会で,無料なので,多くの方々の参加が望まれる。これまでTRCKで培ってきたイズムの提案発表あり。
 ドライブ気分で,常盤大学へ!! 

ものづくり作品展関係
8 準備と事前打ち合わせ
 日程の確認をする。

9 その他
 9月以降の出張について
 ロボコン報告書について
 長期研修報告 制御に関する実践 PICを用いた取り組み
        生活の中の技術の役割が見える実践でした。

PS あっという間の3時間!!頭が良くなりました!!みなさんぜひ並木会へ!! 若い先生の参加が,増えていたのがうれしいですね。おいらは若いのか,若いふりなのか?!
Posted by namiki at 08:35:59 on 2007/07/20
[閲覧(1650)][コメント(235)]

2007年07月02日
日本知財学会 in Tokyo Univercity実践報告
朝日中@技術担当です。
去る7月1日(日)に日本知財学会において,TRCKの実践報告をしていました。川俣先生が代表で発表してくれました。
私的には,観光気分で赤門や安田講堂など歴史的な建造物に見入ってしまいました。

中学校が学校の枠組みを超えて,サイト上で繋がり,さらに新たなロボコン文化を形成&継承していく取り組みを紹介してきました。
まさに,Web2.0ならぬ学校2.0です。
これからもっともっとTRCKを盛り上げていきましょう!!

大会前はサイトで交流,大会後は報告書で交流!!

PS 安田講堂の下に学生協があるということを初めて知りました。意外な場所ですね!!
Posted by namiki at 14:19:42 on 2007/07/05
[閲覧(1315)][コメント(0)]

(1) 2 »

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project