並木会日程表

並木会BLOG

茨城県南地区技術科教師有志の会_活動報告
(1) 2 »
2010年08月19日
並木会行われる in 谷田部東中学校実践報告
朝日中@朝日中です。

日時: 平成22年8月19日(木)18:00〜21:00
場所: つくば市立谷田部東中学校 技術室
     
プログラム
仝ロボコン,関東ロボコンについて
簡易CAD/CAM実習の提案
消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
JANコード教材についてのアイディア
ジの推進委員会にて宿題にだされた題材集について

内容
〆8絽‘い垢戮事項を再提案の必要あり。
 スタッフ,タイムスケジュール等の調整をしていくべき。県南が主管であるので,これまでの大会経営のノウハウを駆使せねば!!

簡易CAD/CAM実習の提案
 超簡易3D editor 立体グリグリで作成したデータをもとに,グリロボでスチロール板を切削加工していく実習。
自分で作成したデータで加工機械を動かし,目の前のものが作り上げられていくことは圧巻。なかなかない経験です。生徒にも現代のものづくりの一つを,実感,体感させたいものです。

ウィキペディアより
CAD(キャド、英: Computer Aided Design)は、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。人の手によって行われていた設計(Design)作業をコンピュータ(Computer)によって支援(aid)し、効率を高めるという目的からきた言葉である。

CAM(キャム)とは、コンピュータ支援製造 (computer aided manufacturing) の略語。製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行う為のシステムであり、出力されたデータは、CNC化された工作機械に送られて実際の加工が行われる。

消費電力量リミッターのアイディアと授業提案
 これは個人的に一番食いついた提案でした。「効率」ということを生徒にお題として出したときに,「生徒はどんな反応をするのか?」「効率を考えるとどんなことが必要か?」「この条件で生徒はどんな効率的なことを考えるのか?」こんなことを考えるとワクワク感がありました。生徒への条件設定や教師サイドの教材研究がこれからの課題もみつかりこれまた有意義。消費電力量リミッターは,試作段階ということで,今後のさらなる開発や生徒の反応が楽しみ!

JANコード
 JANコードとは,バーコードの規格の一つで,日本製品のすべてにつけられているもの。これをバーコード読み取ると,その製品情報が盛りだくさんに含まれているということがわかる。その中には,メーカーのサイト情報やその製品のユーザーなどの情報まで含まれている。話題は,2次元バーコードやSUICA,ICタグにまで話が広がった。これからの時代,子供たちにとって生活していく上で,こうした通信情報というものの存在を知らせておくべきと実感。
 グーグルでJANコード(バーコードに下にある11ケタの数字)の数字を検索すると,商品情報やサイトが検索できるのも驚き!!お試しあれ!!
  
 某コンビニエンスであなたは何才と入力されているのだろか?(笑)

ウィキぺディアより
バーコード * 一般的な[[商品]]で使われるものは、日本が[[JANコード]]、ヨーロッパが[[EANコード|EAN]]、北米が[[UPCコード|UPC]]�日本で使われているJANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が

ジの宿題について
 県の事務局よりはるばる参戦してくださった先生もいて感激!!
県の宿題にも並木会的には火がついた手ごたえありです。
11月には各郡市の推進委員がかだい取りまとめて提出の課題です。
 それぞれの参加者が課題を持ち帰り,県の宿題の一助になればと!

PS 実に中身の濃いひと時でした。いつもなら写真記録を取るところでしたが,今回は熟考しすぎてカメラ記録が抜けました。個人的には,並木会を定期的に開催すべきかと!!そうしたことができるほうが楽しいですね。
Posted by namiki at 23:48:36 on 2010/08/19
[閲覧(1386)][コメント(0)]

2010年03月26日
新年度前に並木会でリフレッシュしませんか!並木会開催のお知らせ
来年度を間近に控えこれからの技術科の内容をみんなで考える会をもちたいと思います。先生方のアイディアをもちよって刺激を受け合う時間をとりたいと思います。忙しいとは思いますがみなさんの知恵を持ち合ってよりよい会にしませんか。

関ブロも終わりました。これからは,何が必要なのかとことんこだわって実践を進めていくことができます。しかし,生物育成や,計測制御など新しくとりくまなければならない内容も多いと思います。技術科教師一人の悩みは,技術科教師全員の悩みです。ぜひ互いに情報を交換したいです。

今回の集まりは,純粋に有志の集まり,本来の「並木会」です。
ぜひふるってご参加ください。

★並木会について
日程: 平成22年3月30日(火)18:00〜終わるまで(21時までには終わりたい・・・)
場所: つくば市立谷田部東中学校 技術室(教科書がたくさんありますが気にしない)
参加資格: 技術科教師&技術教育関係者有志(他県からでもOK)

☆谷田部東中の職員駐車場についたら,川俣の携帯まで連絡をください。電話番号がわからない場合は技術室の窓をたたいてください。

内容予定:
◎計測制御新提案(立体グリグリのデータで工作機械を動かすグリロボ)
◎溶液栽培による生物育成の授業プラン
◎ラーニングジャーナル新展開
◎学びの収穫(idea共有サイトの最近の記事を実物で)
◎その他先生方からもちよりの実践提案など

刺激をうけあって,来年度の実践を刺激的なものにしましょう。内容の所に書いたグリロボは今試作段階ぜひみなさんのご意見をいただきたいです。立体グリグリのデータ等もご覧できるように用意します。この他にもたくさんの先生方の提案をお待ちしています。

参加される先生は谷田部東中技術科担当(JK)まで連絡をください!皆さんの参加をお待ちしています。
Posted by サイト管理者 at 16:21:32 on 2010/03/26
[閲覧(1933)][コメント(602)]

2010年03月14日
ロボットアイディアチャレンジ2009贈賞式!!実践報告
朝日中@技術担当です。

 先日3月13日(土)に東京の飯田橋にあるグランドパレスホテルで,ロボットアイディアチャレンジ2009の贈賞式が行われました。
 茨城県南から谷田部東中から3チーム,朝日中から1チームの入賞です。審査員には,特許庁関係者,ロボットデザイン系の会社経営者,メーカーの経営者,技術教育に携わる大学の先生方です。
 「特許」,「知的財産」,といったキーワードは,これからの時代の中で本当に重要な位置であると再認識しました。
 
 こんな疑問が沸いてきます。
では,中学校の教育現場で何ができるのか?
技術教育で何ができるのか?特許というものを,TRCKで体感している生徒とそうでない生徒では,大きな差があるように思う。その差はどんなところなのだろうか?
ロボットアイディアチャレンジに入賞したチームと取り組んでいないチームではどういう差があるのか?  
アイディアの表現の面白さをどう伝えていくべきか?
等々

 このあたりをきちんと整理していくことが,本質を見抜いていくにあたって,大切かと。

そこで一提案
 <技術科の知財教育のあり方>
・アイディア発見シートでトレーニング
・アイディアひらめきシートで実践面への昇華
・ラーニングジャーナルや報告書で,「こうすればよかった!!」の報告


こうしたことが技術科における言語活動の柱になってくることが望ましいのではないかと考える。

 将来的には,アイディア発見シートやアイディアひらめきシートは,現実社会の「特許明細書」にもつながってくるし,ラーニングジャーナルは,現実社会の「報告書」にもつながってくる。

 そして,それぞれのアイディアを結ぶものとして,idea共有サイトの存在がすごく重要になってくる。

 学習指導要領にも「知的財産」,「技術に関する倫理観」といったキーワードが明記された。このあたりとも,リンクした実践ができないものかと。
 
 新年度に向けて,並木会で研修していきたいものです。
Posted by namiki at 18:35:02 on 2010/03/14
[閲覧(1393)][コメント(0)]

2010年02月28日
関ブロ無事終了お知らせ
朝日中@技術担当です。

 関ブロ無事終了です。先週の3月26日(金)に,今年度最後の推進委員会の集まりがありました。実際の授業は10月に行われたのですが,最後の集まりを終えて無事終えたという実感がわいてきました。しかし,本当の始まりはここからかと。学習指導要領の改訂の時期に当たる茨城県にとって,さまざまなハードルがありましたが,次の改定までに,多くの実践を積み上げていける県であるということ。何ができるかわかりませんが,基本的に授業を楽しみながら取り組んだ方が楽しいということでしょうか!
 
 関ブロは何のための研修だったのか?
 発表のための研修? 研修のための研修? 自分のための研修? 生徒のための研修? 教師集団のための研修? ・・・・・

 いろいろ目的はありそうですが,どれも当たっているような気がする。多くの人や費用が動き,さまざまな人たちが交流し,影響し合い,授業が作られてきた。さまざまな資料も作られた。そうした知的財産を並木会として,茨城県としても継続して研究していくべきであろう。それが本当の研修ではないだろうか。作り上げてきたものにさらに改良を加え,より良いものに作り上げていくこと。こうしたことを継承していかなければ,研修としても意味をなさないのではないのだろうか。

 こんな固いことを言っても始まらないので,なにかを一生懸命やって,おいしいビールと料理のためにがんばりたいものである。おいしいお店をリサーチしなければ
 教師として,働ける限り!!
Posted by namiki at 20:41:49 on 2010/02/28
[閲覧(1579)][コメント(0)]

2009年10月19日
第3分科会 本格的に準備始まる実践報告
朝日中@技術担当です。

 大穂中にノートパソコンが入りました。その配線と無線LANの設定をして,ネットにつながる環境にみんなで設定しました。
あっという間に仮説PC室ができてしまうものです。
 ほかに掲示物や名札や資料等の準備をすすめました。
抜けのないように準備は進めてはいますが,参観される先生にどのように映るのか? 最後まで気は抜けません。

 学校業務と関ブロの準備は,よい勉強になります。多くの先生方と協力できるので楽しいですね。

 今週末,研究授業大穂中でみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

Posted by namiki at 19:01:45 on 2009/10/20
[閲覧(1668)][コメント(0)]

2009年10月15日
第3分科会の打ち合わせ実践報告
朝日中@技術担当です。

本日は,つくば市立大穂中で第3分科会の打ち合わせが行われました。

○指導案の検討
 指導案の検討といっても完成しているので,その行間にある本質的なものについて議論しました。導入部分,展開部分,終末部分などの行間に見られる第3分科会の面白さを,議論しました。
 各中学校の生徒の実態やさまざまな譲許を想定して議論しました。指導案の作成が終わったにも関わらず,指導案検討という感覚が,私にはなかったので,皆さんの熱い思いを感じた検討となりました。

○掲示物の検討
 県南のこれまでの取り組みを,流れをおって掲示して,実践の本質をお伝えできればと考えています。掲示物をまとめていて,まだまだ第一歩の実践だというのが,正直な私的な感想です。
 idea共有サイトを通じて,これから大きな輪に広がればと思っています。みなさまのご感想等お聞かせくださいませ。

PS 大穂中の牛乳はおいしかった!!

次の集まりは
平成21年10月29日(月) 20:00〜 つくば市立大穂中です。

Posted by namiki at 16:42:22 on 2009/10/17
[閲覧(1475)][コメント(0)]

2009年10月13日
第3分科会資料綴じ込み実践報告
朝日中@技術担当です。

 本日は第3分科会の資料の綴じこみを,手代木中で行いました。
私は遅れてしまったので,綴じこみを出来ずに,その他の準備物などの確認から参加しました。

 掲示物やらパソコンやらさまざまな準備物が発生します。
これからまた大変になってきそうですね。

Posted by namiki at 22:20:02 on 2009/10/13
[閲覧(1534)][コメント(0)]

2009年10月08日
第3分科会行われる並木会開催のお知らせ
朝日中@技術担当です。

本日は台風で休校の中,打ち合わせが行われました。
インフルエンザのため,当初予定していた大穂中から谷田部東中に会場を変え行われました。
内容的にも最終段階突入といった感じです。

★本日10/8の第3分科会時間,場所変更です★
日時:2009年10月8日(木) 18:30〜21時頃まで
場所:つくば市立谷田部東中学校 技術室
内容:
○分科会資料内容さい〆切(各担当,特に指導案,その他集約)
○PC対応最終確認(作業日程他)
○会場準備確認
○掲示物☆最終☆確認
○授業時側面掲示物案作成
○印刷担当者決定(水戸への出張者決定も含む)
○予算配分使い方等の確認
○関ブロまでの仕事分担の確認

※印刷担当は資料を印刷の上,印刷したものを茨城大付属に10月16日に持ち込む。
(10月16日(金)15:00〜分科会資料袋詰め作業)

上記のために県南地区では,手代木中で印刷・製本を行います。
10月13日(火)20:00頃予定 手代木中です。
みなさんご協力お願いします。
Posted by namiki at 23:16:13 on 2009/10/08
[閲覧(1384)][コメント(3)]

2009年10月04日
書籍紹介お知らせ
朝日中@技術担当です。

先日,並木会で紹介していただいた書籍を紹介させてください。

「ひらめきの導火線」 茂木健一郎 PHP新書 680円

字が大きいので,読むのが速い人なら2〜3時間あれば読み切れるかと。私は,もうちょっとかかりましたが・・・・

前半は,県南の研究のエッセンスが多々盛り込まれている内容です。
P16は,「参考にすること」の大切さが書かれています。脳科学者の言葉は説得力があります。他にも脳の働きが2か所くらい書かれています。
P65には,アイディア発見シートの実践の「世界のトヨタ」版が載っています。
P72.問題はシェアすればいい。→idea共有サイト
 →大枠で捉えると,「日本人的発想,世界に秀でた文化であり,創造性がある国で,これを発信していくべき」とのこと。

後半は,積分的に見て今後の課題が織り込まれているように感じました。まだまだ,取組の可能性があるかと。
「Web2.0→ものづくり2.0」(書籍より)→技術科教育2.0といった手ごたえを感じた一冊でした。

680円で有意義なひと時でした。
みなさんも秋の夜長にご一読ください
Posted by namiki at 08:56:41 on 2009/10/04
[閲覧(1346)][コメント(0)]

2009年08月28日
第3分科会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

日時: 平成21年8月28日(金)18:00〜
場所: 谷田部東中学校会議室
内容: 関ブロ当日の教室環境,掲示物等について

 関ブロ当日の教室環境,掲示物について話し合いをしました。
体育館に仮設コンピュータ室を作ります。そして仮設コンピュータ室の仕切りの内側には,授業に関する掲示をします。外側には,これまでの研究の経緯や基本的な考え方などの資料,生徒作品等を掲示します。これは,昨年の長野大会を参考に掲示物を検討しました。長野県さんを参考にすることで,より良いものを目指していきたいと思います。
 授業前日のみでの設置となりますので,これから下準備をしておく必要があります。遅くとも9月中にはめどをつけておきたいですね。

体育祭,新人戦,合唱祭等々,スポーツの秋,文化の秋の季節です。第3分科会からもより良い提案ができればと考えています。

Posted by namiki at 13:42:37 on 2009/08/31
[閲覧(1337)][コメント(1)]

2009年08月27日
第3分科会のお知らせお知らせ
朝日中@技術担当です。

 関ブロ当日の教室環境や,掲示物等の作成について下記の日程で第3分科会をもちます。参加できる先生方よろしくお願いします。

日時: 平成21年8月28日(金)18:00〜
場所: 谷田部東中学校会議室
内容: 関ブロ当日の教室環境,掲示物等について
     
 夏休みも残りわずか,はじまってしまったらしばらくは体育祭一色でしょうから,ここで,ある程度分担と形をはっきりさせて,9月に入りましょう。

 関ブロ当日まで,もう2ヶ月を切りました・・・。

あっという間に月日は流れますね!!

Posted by namiki at 11:56:30 on 2009/08/27
[閲覧(1341)][コメント(1)]

2009年08月20日
第3分科会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

第3分科会行われました。

日時: 平成21年8月20日(木)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校(会議室)
内容: 各研究班の提出原稿の最終確認

 本日は,原稿の最終点検が行われました。年間計画,指導案を重点的に行いました。
 個人的に,年計を書くということは,学習指導の全体が見え,大変勉強になりました。言葉の使い方,規準の設定,研究主題に迫る教師の関わり方,他教科,領域とのかかわり,・・・・大変勉強になりました。いろいろな学校の実践を聴き合うというのは,「教師の学び合い」となり,一番身になる研修となっていますね。どの先生方も真剣モードで話をしてくださり,知的な刺激となっています。

前回は,チョコレート三昧でした。今回は,塩味三昧で舌が痛くなってしまいました。
 
今後,会場作りや会の進行等の確認と,これまでの研修の集大成です。みんなでがんばりましょう

Posted by namiki at 12:05:51 on 2009/08/22
[閲覧(1464)][コメント(0)]

2009年08月17日
★第3分科会が行われました。本日8月17日18:00〜谷田部東中会議室実践報告
朝日中@技術担当です。

第3分科会が行われました。

日時: 平成21年8月17日(月)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校 2F会議室(職員室となり)
内容: 各担当から
指導案検討
年間指導計画検討
ワークシート検討
旧名称「ガイダンスシート」検討
アンケート検討
会場準備検討
掲示物検討

本日は,指導案,年間指導計画,ワークシート,旧名称「ガイダンスシート」の横のつながりがしっかりとリンクするよう,検討をしました。
 それぞれの担当の思いがぶつかり,その調整に時間はかかりましたが,大変有意義なひとときとなりました。さらに,一言一句の検討をしたものの,まだまだ詰めが甘い部分があるので,県への提出に向けて再検討です。

 検討をしていて思ったこととして,茨城県が関ブロにあたる年は,学習指導要領の改定の時期の場合が多いサイクルのようです。研究推進をする上で,非常にやりづらい部分もある時期に当たってしまうのですが,見方を変えれば,これから次の改定までは,先進的な実践を他県より継続して積み重ねて実践できるということにもなります。ということは,次の改定を見据えた実践を,今後,先駆的にできるということにもなります。
 関ブロで残した課題が,次の改定の一助ともなり,また,大きな影響を及ぼすかもと考えると,一言一句の検討もこれまた楽しいものです。

<ということで,次回のお知らせです。>

日時: 平成21年8月20日(木)18:00〜
場所: つくば市立谷田部東中学校 2F会議室(職員室となり)

 本日の見直し 会場設定 ワークシート等々

 他地区で研究推進担当でがんばっていらっしゃる方々,さまざまな形で携わっている方々,これまでの一区切りは,2ヵ月後ですね。おいしいビール&料理をめざして共にがんばりましょうね!!   
Posted by namiki at 11:23:22 on 2009/08/18
[閲覧(1986)][コメント(229)]

2009年08月12日
第3分科会研究推進委員会行われる実践報告
朝日中@技術担当です。

 研究推進委員会が行われました。
 最終的な詰めの段階に入り,文言の整理や形式の統一など,細かなところの検討なので,集中した協議が行われました。

<内容>
指導計画の検討
 指導計画で重点を置いたところは,「がっちり(基礎の習得)」と「学ばせる(学びを繋げる)」の明確な位置づけをしたことです。 

授業指導案の検討
 授業の展開前の前段からこだわって協議をしました。題材観,生徒観,指導観,等々の流れを作りこんでいくと,自然と展開部分の形が見えてくるものです。展開部分は,今までのプレ授業や日ごろの授業の反省から,さらにブラッシュアップできました。

 上記のどちらも次回までに,再編成してよりよいものにしていく方向で終わりました。
 基本的な考え方がしっかりしていると,年間計画にしても授業の指導案にしても,作りこみやすいということに気付きました。
その基本的な考え方になっているのが,「茨城県南地区の知的財産の学習サイクル」で,

ヾ霑辰鮟得する。
∋温佑砲垢襦並砂邸
3悗唸腓Α柄和ぁ
し兢気垢襦紛ν)

 ,↓い裡海弔両賁未魏誕させ,学習サイクルが回り続けるわけです。日ごろの授業で何気なくやっていることを,明文化しておくことで,教師サイドのスタンスが明確になり,非常に実践に結びつきやすい学習サイクルだと考えます。
 さらにこの学習サイクルを手助けするものとして,「アイディア発見シート」「アイディアひらめきシート」「ラーニングジャーナル(授業のふりかえり)」が位置づけられています。

 こうした学習サイクルは,生徒が学び続けるために大切なことではないかと考えます。

 次回は,8月17日(月)18:00〜 谷田部東中です。


Posted by namiki at 09:52:21 on 2009/08/13
[閲覧(1480)][コメント(0)]

2009年08月10日
研究推進委員会行われました実践報告
朝日中@技術担当です。

推進委員会が行われました。

日時: 平成21年8月10日(月)18:00〜20:00
場所: つくば市立谷田部東中学校会議室(暑い時)
内容: 各分科会の提出原稿等の確認
     ・紀要原稿(提案研究部)
     ・授業ワークシート(授業研究部)
     ・教室掲示物原案(授業研究部)
     ・年間指導計画&評価計画(評価研究部)
     ・題材チェックリスト(題材研究班)
     ・ガイダンスシート(題材研究班)
     ・当日の分担,確認
     ・会場の図面の確認
     
朝日中@技術担当より
 各担当から15分刻みで提案がされました。各分担がどこかで調整し合わないと,なかなか研修もうまく進みませんね。

 議論していておもしろかったのは,資料を再構成していくことですね。「アイディアひらめき」と一緒です 楽しみながらやれることが必要かと。

 提出原稿を急ピッチで作成し,再度集まることになりました。
次の集まりは8月12日(水)18:00〜 谷田部東中です。
Posted by namiki at 11:24:37 on 2009/08/18
[閲覧(1545)][コメント(1)]

2009年03月21日
創2009 朝日中作品展 開催お知らせ
朝日中@技術科担当です。

創2009朝日中作品展 開催

日時 3月20日(土)〜3月28日(土)
場所 阿見町本郷ふれあいセンター ギャラリー
   入場無料
アクセスマップ 


今年も朝日中近くの本郷ふれあいセンター ギャラリーをおかりして,「創2009 朝日中作品展」を開催する運びとなりました。
作品展をすることで,年々生徒の作品の質が高まってきているように感じます。もしお近くに来ましたら,ぜひお寄りくださいませ。

美術ゾーン
 美術ゾーンには,お面と立体造形と水墨画,ポスター,ステンシル,印の作品が展示されています。なかなか幅広い分野での作品展示が目を引きます。


書道ゾーン
書道ゾーンでは,なかなかの力作が展示されています。
近所の方が見えられて,「この子は小学校の時から上手だったよ!」「この子はうちの2軒隣の子だよ!」といったお声掛けをしてくださいました。うれしいですね。小さいながらも地域に朝日中文化が広がった手ごたえを感じます。


家庭科ゾーン
家庭科ではエコバッグを取り上げました。作品のわきに,作り方の説明や生徒の学びが表現されています。家庭科の先生も言語表現がんばっています。


木製品&木製品報告書ゾーン
 今年度の2年生の作品と3年生の木製品報告書が展示されています。作品を展示していると,「この作品は,前の先輩のここに影響を受けているなぁ!」と実感。影響を受けて作り上げた作品が多いというのが印象です。


ロボコンゾーン
 今年度,特許庁主催の「ロボットアイディチャレンジ2008」で優秀設計賞,TRCK2008ロボコン報告書最優秀賞に入賞したTeamClostのレポートを掲示し,そのロボットを展示しました。ロボットのわきには,TeamClostメンバーが書いた木製品報告書を展示しました。
 やはり,他の生徒が書いた木製品報告書と質が違います。アイディアに焦点をしぼってしっかりと表現できているところがすばらしいです。


PS おまけで,私が作った釘&接着剤を使わない本立てを展示しました。(笑)
Posted by namiki at 18:29:43 on 2009/03/22
[閲覧(1397)][コメント(0)]

2008年12月27日
「なるほど!ナットク!アイデア報告書」に参加してきました。実践報告
朝日中@技術担当です。

ひさしぶりの投稿です。

■中学校教員向け「知的財産研修会」
 「なるほど!ナットク!アイデア報告書」に参加してきました。

 プログラム  -----------------------------------------
 (1)「新学習指導要領における知的財産教育」
   文部科学省初等中等教育局・上野耕史教科調査官

 (2)「入選作品に学ぶ報告書の制作指導」
   信州大学教育学部・村松浩幸准教授

 (3)「特許のプロが伝えるアイデア表現方法」
   弁理士・遠山 勉氏


 どれもためになる話を聞くことができました。
 改めて学習指導要領の「(5)すべての内容において,技術に関わる倫理観や新しい発想を生み出し活用しようとする態度が育成されるようにするものとする。」が,これからの時代には必要不可欠だと再認識しました。

私の学びのキーワード化
 ○知識基盤社会
 ○記憶だけではだめな社会
 ○柔軟な思考力が必要
 ○競争できる力
 ○協力,共存する
 ○創造,活用する力が求められている
○知的財産と知的財産権 
 ○言語として扱う
  「設計図」「報告書」
   →県南の取り組みとして「アイディア発見シート」「アイディアヒひらめきシート」「ラーニングジャーナル」
 ○新規性,進歩性,有用性
 ○目的,構成,効果
 ○アイディアをキャッチフレーズとして表すこと。アイディアを報告書として表す。技術のインデックス。
 ○組み合わせでの発明 ラジカセ特許 ラジオ(電波受信)+カセットレコーダー(録音できる)=ラジカセ(ラジオの音声を録音できる)
 ○論理的に物事を説明する。
 ○コンセプトワーク 名称をつけることが重要
 ○模倣と創造
 ○模倣なくして学習なし
 ○できるをたくさん書くことが,発明の一歩

 今回は写真を撮ることも忘れるくらい集中していました。(笑)
夜の一献もこれまた楽しいひとときを過ごすことができました。

 まずは本を読んで勉強することです。
Posted by namiki at 11:19:38 on 2008/12/27
[閲覧(1388)][コメント(1)]

2008年09月14日
TRCK2008 事務局実践報告
朝日中@技術担当です。

 9月12日(金)に谷田部東中 技術室において,TRCK2008一次締め切りの事務局が行われました。

<内容>
 (1)参加チーム数確認
 (2)役割分担
 (3)その他

 今年で5回目ということで,打ち合わせもスムーズに進行し,関ブロとのバランスをとりながら,毎週金曜日の週末には,集まりをもち,確認作業をしていくことになります。
 技術科は学校一教師と零細企業なので,こうした集まりでいろいろなことが聞けると,元気が出てきますね。

次は,9月19日(金)16:00〜  茎崎中学校 

<内容> 
(1)21年度関東甲信越地区中学校技術・家庭科教育研究茨城大会について
(2)10月30日(木)開催のリハーサル授業に向けての打ち合わせ及び準備
(3)平成20年度県南地区ロボコン大会の運営について


Posted by namiki at 16:19:58 on 2008/09/14
[閲覧(1824)][コメント(0)]

2008年09月12日
ラーニングジャーナル実践報告
朝日中技術担当@評価研究部です。

 県南では,ラーニング・ジャーナルというものを始めました。
 簡単に言うと,生徒がその日の授業で学習したことを,書き留めていくもの。今までの学習の記録との違いは,学習してきた軌跡が見えるように,細かい枠組みを作らず自由な記述にしたこと。そうすることで,その学習の製作目標や単元の目標をいかに生徒自らが実現してきたかが表現され,教師はその学びを見とっていく。また,生徒同士や生徒と教師の間の学びが表現されてくれば,学習活動が,単体ではなく繋がりのある学びへと深化したことが,「学びの軌跡」として表現されていく。
 繋がりがもてるような学習活動を展開するためには,それをつなぎ合わせる媒体として,「アイディア」が活躍し,「アイディア」にスポットを当てた学習展開をすることで,繋がりのある学習活動が展開されるであろうと考える。
 そこで教師には,「アイディアを引き出す」「アイディアをつなげる」「アイディアを見つける」「アイディアを認める」「アイディアを分析する」・・・・・といった視点が,必要ではないかと考える。これは,一斉授業の「教師から生徒へ」といった知識の流れから,「生徒から生徒へ」といった授業本来の学びを実現するものであり,ちょっとしたことに生徒が「なるほど!!」とか「すごい!!」とか「どうして?」といったような知的好奇心をかき立てられ,面白味のある授業が展開されていくべきなのである。
 
ラーニングジャーナルの実践報告&記入用紙例については,
アイディア共有サイトに掲載されている。

 県南各地で,ラーニング・ジャーナルが実践され,様々な分析・考察が寄せられることに期待したい。 
Posted by namiki at 15:54:03 on 2008/09/12
[閲覧(2214)][コメント(1302)]
卓球ボール拡散防止ネット実践報告
手代木中 Yです。
 卓球部のネットを作ってみました。
 卓球部で使用するボールがころがっていかないついたては,高さが60cm,幅が120cm位で1枚
1500〜2000円くらいします。また,脚が折りたたみ式なのでちょっとしたことで倒れることもあ
ります。
 そこで,卓球部の顧問として「ネットを作ればいいんじゃないの?」と思いつき,製作しました。
構造はオリジナルです。2年前に3つ作り,今年5つ作りました。大きさは,高さ90cm,長さ180cm
くらいで,材料費は1000円くらい。製作時間は1つ2〜3時間です。(慣れたり,一度に作るともっと効
率がよくなります。)
 ネットは破れても交換ができます。(今年2つ交換しました・・・。)
【材料】
○ネット
 ジョイ○○○田の農作業資材売り場で売っていた2m×1mで200円くらいのもの。2m幅で1m200
円くらいでした。
○木材
 1×4材が3本,2×4材が1/2本,角材(30〜40mm)が1本,ネットを押さえる10×30
〜40mmくらいの細長い板が3本です。(180cmの長さを1本として)
○その他
 接着剤,ホットボンド,コースレッド(木ねじ),インパクトドライバ,ブレーキ付きスライド丸鋸など
 
8個あるとけっこう使えます。強度も接着剤を併用しているので十分です。卓球部の生徒はもちろん,保護
者からも喜ばれてちょっとうれしい作品です。
Posted by namiki at 07:46:56 on 2008/09/12
[閲覧(2848)][コメント(2)]
カンナの整理箱実践報告
手代木中 Yです。
かんなの整理箱を作ってみました。
 技術室にあった金属製のキャスター付きワゴンにしまえるような大きさにしました。外枠は1×4材で,
かんなの支えになっているブロックは2×4材を丸鋸で切ったものです。底は5mmくらいのラワン合板で
す。かんなを交互にしまうのですが,刃が出ていてもそのまましまうことができます。(刃があたらないよ
うになっている)
 本来なら片付けの時には刃を抜いて手入れするのがよいのですが,授業が立て続けにある本校では,たくさんの刃の調整をやっている時間がなかなかとれません。
 そこで,刃をいためずお金がかからないような箱を作ってみました。外枠はかんなよりもちょっとだけ高
くなっていて,重ねてもかんなに負担がかからないようになっています。


Posted by namiki at 07:43:01 on 2008/09/12
[閲覧(1773)][コメント(0)]
工具の手入れ(げんのう)実践報告
手代木中 Yです。
 げんのうの手入れをしました。本校には,古くなって釘打ち面がでこぼこになったげんのうや平らな面か
丸みを帯びた面かよくわからないげんのうがほとんどでした。
そこで,グラインダーの荒い方を使って平らだとおぼしき面の方を平らにします。うまくけずれるかどうか
の加減はけずる人の技量やカンに大きく左右されると思います。
 次に,ベルトサンダー(60番というやたら荒いベルト)で平らにします。くぎを打つように柄を持って
ベルトサンダーでけずります。平らになったら,(100番の)ベルトサンダーで軽くけずり,ミシンオイ
ル(工具の手入れに使ってます)のしみこんだ布で拭いて終わりです。
 こうすると,接合の指導のとき,げんのうの使い分けを指導した後,生徒がげんのうをみて「なるほど」
と思って作業に臨めると思います。
(写真のげんのうの左側は,丸みを帯びた面(そのまま),右側は手入れした平らな面(柄と垂直にわずか
に残っているのはグラインダーのあと)
Posted by namiki at 07:37:52 on 2008/09/12
[閲覧(2683)][コメント(0)]

2008年06月17日
2008/06/13谷田部東中での授業研参観者アンケート結果お知らせ
Q 公開授業での「教師が生徒のアイディアを発見する」という視点についてどう思われましたか。関ブロに向けて何を考えていけばよいでしょうか。

・ついついいろいと言ってしまいがちですが,教えすぎないこと。あと,拾おうと思っていることを探す。
・生徒同士で学び合う上で,教師がアイディアを発見することは大切なことだと思います。生徒も活動に対して意欲的になると思います。
・授業が楽しくなる→教師が楽しい→生徒が楽しい→みとめられる→人づくり→
・普段の授業からアイディア発見を行い,アイディアをみつける目を生徒につけさせていく。
・生徒達は最低限のことを教えてもらうと自分たちで新たな技能を発見し,生徒同士で共有を図る。
・よい視点だと思う。アイディアを他に広めるという部分では,少し難しいかも?
・授業を見る時に何を中心とすべきかをいくつか挙げてもらえるとさらによいのではないかと思います。
・大変興味がもてる材料だと考えます。
・パソコンの操作もアイディアに入るのか迷いました。デザインのアイディアだとなるほど〜と思うことができるのですが,授業での説明していない操作方法をみつければ,それは発見と考えていいでしょうか?
・教師が生徒のアイディアを発見するという視点もいいが,生徒同士がアイディアを発見しあうという視点も大切。
・自分一人では,自分の視点だけ,もっと多くの視点を身につけるためには,意識した授業を多くやる。そのような視点の授業をもっとやる。
・興味深いものを積極的に全体で共有することは素晴らしかった。改めて共有の手法を考慮すればさらによくなると思います。
・特別なことではなく,良いと思います。
・友達の作品を見られる環境を設定すると生徒も多くのことに気づくのだなぁと感じました。
・見せる授業に徹してはいかがでしょうか。


Q 研究協議にワークショップを取り入れました。今後のリハーサル授業公開や関ブロの授業研当日にもワークショップの形態を取り入れることができればと考えています。ご意見をお願いします。

・視点をはっきりさせること
・先生方の思いや,考え方がそれぞれに聞けて,とても充実した時間になると思います。次の授業でやってみようと思います。
・ワークショップの論点,授業の視点の明確化
・人数が多いと思うので,メンバー構成や方法も考えていきましょう。
・各自の考えが反映できるがまとめる時のリーダーの役割が重要
・大きくグループで行ったワークショップを1つにまとめる時間をつくると,さらによいのではないかと思います。(まとまらないかもですが)
・本日のワークショップは大変よかったです。人数も適当でした。「促える視点」「課題」「評価」というある程度のまとめりを予め与えるとよいと感じました。
・自分の勉強にもなるので,ワークショップはおもしろいと思います。授業者の意図も伝わりやすいです。
・研究協議という形より,話が深まると思います。
・ワークショップは有効だと思われます。いきなり来た人には視点をよく理解してもらわないと難しいかも,自分たちがワークショップを多くこなし,関ブロの時それぞれのグループの司会ができるようにする。
・推進委員,協力委員同士で意見が共有できてよい。また,自分の意見も述べやすいので,是非取り入れるべき。
・視点を絞って行うとよいと思います。
・模造紙にまとめていくと頭の中がすっきりしました。
・事前にないようと観点を具体的に提示してください。


Q 今回公開授業と授業研で先生方が「発見した」(気づいたorわかった)ことは何ですか。

・授業の終わりにその時間の良かった所を紹介すること
・生徒同士における学び合いには環境も必要だと思いました。生徒のアイディアを発見し,活動の中で伝える手段をあらゆる方向から考えて授業の中で取り組む必要があると考えました。
・がっちりの部分で底上げ→アイディアで自己表現
・気づき方を磨きたいと思います。
・生徒のアイディアには驚かされた。研究協議の中でもあったが,こういった授業では先生の生徒との関わり方が大切だと思う。声のかけ方,共有の仕方など工夫するべきことがたくさんあると感じた。
・様々な共有の方法,仕方です。
・授業の最初と最後の教員からの評価をいかに的確にするかが難しいと感じました。研究授業で見学者が動き回ることで本当の生徒の姿が見えなくなるという課題もあると感じます。時間を区切って,前半は後ろからオブザーブ,後半は机間を歩き回るなどの工夫もよいかもしれません。
・アイディアを共有・継承することでさらによい作品を製作することができると思う。
・公開授業として考えるならば,先生の関わりによって,生徒がこのように変わったという部分がまとめの中にほしい気がする。
・教師ひとりひとりが自分のことだと思って,協力し合い,実践していくことが大事だということ。
・つくば市のPC室の机の配置は,互いの知的財産を尊重することを助長ちていると思う。とても参考になった。
・学び合いの定義は何?
・先生や友達からのつぶやきで,生徒は大きな変化をするものだなと改めて感じました。・ねらいは1つでも生徒へのアプローチはいろいろあることと,その方法の弱点を知りました。
Posted by サイト管理者 at 10:38:11 on 2008/06/17
[閲覧(1472)][コメント(0)]

2008年06月11日
県南授業研に向けて準備着々お知らせ
2008/06/13の県南授業研授業者です。

明後日の授業研の資料をここに公開します。このサイトのダウンロードに入れておきました。これからの参考にしていただければと思います。

2008/06/13県南授業研資料一式

ここには,ワークショップのことから,指導案,第3分科会の現時点での成果,idea共有サイトについてなどのせています。今後様々な変更が加わると思いますが,いつでも振り替えれるようにここに収録しておきます。

みなさん。13日の谷田部東中での授業研よろしくお願いします。
Posted by namiki at 23:48:18 on 2008/06/11
[閲覧(1580)][コメント(3)]

2008年06月07日
並木会行われる in Yatabehigashityuu実践報告
朝日中@技術担当です。

谷田部東中で並木会が行われました。

<<<内容>>>
(1)県南ブロック研修会について
  公開授業指導案検討
  役割分担
  ワークショップについて
  その他

(2)TRCK2008について
  エントリーについて
  特許について
  コメントについて コメントの処理の仕方
  その他

(3)その他
  コート作成について
  アイテムについて   (缶は250mlです!!お間違いなく !)
  
 今年でTRCKも最後。特許申請も過去最高に加速中です。
サイト上も大会当日も大いに盛り上げていきましょう

 次回は,6月13日(金)13:00〜
つくば市立谷田部東中学校で県南授業研が行われます。
Posted by namiki at 16:59:01 on 2008/06/07
[閲覧(1994)][コメント(1)]

2008年05月12日
サイトに変更を加えました。お知らせ
サイト管理者です。

この並木会のサイトに,多少の変更をしました。本来の並木会の連絡の業務がスムーズに働くように,TOPを並木会の予定表としました。この予定表は,サイト管理者が使っているGOOGLEカレンダーと同期しています。このカレンダーをいちいち変更しなくても,私が変更すると自動的に反映されている仕組みです。

今後,関東ブロに関わって様々な予定が入ってくることが予想されます。それを速やかに共有できるようにと思い導入しました。

これまでと変わらず,単純なBLOGとしてこの並木会BLOGは動かしていきます。IDとPWも1つのものをみなさんで使い回す今までのやり方を踏襲しますのでよろしくお願いします。
Posted by サイト管理者 at 02:18:49 on 2008/05/12
[閲覧(1685)][コメント(0)]

2008年03月23日
創2008 開催中実践報告
朝日中@技術担当です。

「創2008」と題して,朝日中学校作品展を開催します。技術・家庭科,美術科,国語科の作品を展示してます。

 日時 3月23日(日)〜3月29日(土)まで
      9:00〜17:00(最終日は15:30まで)

 場所 阿見町本郷ふれあいセンターギャラリー




もしお近くまで来たときには,お立ち寄り下さい。


Posted by namiki at 18:12:39 on 2008/03/23
[閲覧(1938)][コメント(0)]

2008年03月01日
「ICタグの授業」子ども達とこれらかの技術を考える授業お知らせ
谷田部東中学校技術担当です。

学び合いを取り入れた情報通信ネットワークの授業について,なんとか公開できるレベルになったと思うのでここに公開します。みなさんの刺激になれば幸いです。県南地区でも情報通信ネットワークについて関東ブロックで担当になっていることもありますし,この内容が,その授業計画に少しでも貢献できたらなと思って書きます。

谷田部東中学校では,技術教育研究会から出版されている「ためしてわかる通信とネットワーク」という冊子を使って授業を進めています。私もその編集代表の一人です。

1時間目 ベルの電話機の再現実験,スピーカー発電など
2時間目 パソコンでの電気信号観察,サウンドレコーダー実験
3時間目 手作りスピーカーの製作
4時間目 アンプを用いた増幅実習,入出力の違いの解説
5時間目 光通信実験,リモコンの赤外線通信を音に変換
6時間目 交換手になって電話をつなげる実習
7時間目 電信柱を立て,教室中の電話をつなげる実習
8時間目 匿名ネット体験(実はLOGにIPアドレスが残されている)
9時間目 IPアドレス,URL実習
10時間目 通信ネットワークに関するレポート作成
11時間目 〃
12時間目 〃
13時間目 班ごとにレポート交流会
14時間目 班代表者によるレポート発表会

この14時間の授業は,5年前に前任校で,県南地区の授業研をおこなった時に公開したものです。7時間目の電信柱を立て,教室中の電話をつなげる実習を公開しました。しかし,これだけでよいのかという思いが当時からありました。そこで谷田部東中に赴任してから,さらにその先の授業をつくりはじめました。現時点でのその先の授業が下記の通りです。

15時間目 ★ICタグの利用方法を考える
16時間目 未来の技術(班ごとに未来の黒板のアイディアを考え発表する)
17時間目 未来の技術(それぞれに50年後の技術を考えてレポート作成)
18時間目 未来の技術( 〃 )
19時間目 レポート交流会(※まだ,実施していません)


★ICタグの授業
 ICタグをご存じでしょうか。RFIDなどともいわれることもあります。イメージするためには,SuicaやEdyなどの電子マネーや切符などになるカードを1mm角のチップにしたものというのが分かりやすいでしょうか。まだ実際に利用されているものは少ないようですが,これから爆発的に普及するといわれる技術です。バーコードの代わりになるとも言われています。1mm角のチップの中に,超小型のコンピュータと電波を受けた時にだけ電源を供給する仕組みが仕込まれています。教室の隅にセンサーを設置すれば,教室にいる生徒全員の名札に取り付けられたICタグの情報を読み書きできるといえばイメージが伝わるでしょうか。情報通信ネットワークの究極の姿,ユビキタスの世界をイメージさせるために最適の課題です。

 授業では, このページを印刷して配り(授業で用いる複製は,認められています。)ICタグの簡単な解説をした後に,手元のノートPCにSuicaをかざしてそのログを見せます。何年何月何日に,どの駅からどの駅に乗ったという記録が,ずらずらずらと出てきます。普段気にしていませんが,Suicaにはログが記録されています。これをJRは分析するだけで,いろんな情報が得られそうですね。

 そして「ICタグはどのようなことに使えるだろうか?」とふります。3〜4分個人でじっくり考えさせた後,4人組をつくらせ,班で意見交換させます。生徒の発想は柔軟で実に様々な活用例がでてきます。クラスによってもかなり違うので,他のクラスででてきたおもしろい活用例などは,教師側からも伝えます。下記がその時のあるクラスの板書です。

タイトルだけを代表に書いてもらって,机を元に戻し考えた生徒にその内容を解説してもらいます。

・落とし物の管理
・電子カルテを携帯する
・レストランの近くにくると自動的に宣伝が入る
・生まれたらすぐ全ての人間に埋め込む
・犯罪を犯した人に埋め込まれる

間違いはないので,生徒達が自由に考え発言できるのもいいです。教師はその考えをもとにしながら,さらにそれを発展させることを考えて補足を入れていきます。生徒達が考えていたことで実は既に実験が始まっていることが数多くあります。もう実験ではありませんが,既にパスポートにもICタグが入れられるようになっています。将来はSuicaと同じように入国審査なんていうこともあるかもしれません。

ポイントは「管理」です。管理するか,管理されるか。コンピューターがいたるところにある社会では,個人情報をどこまで公開するのか,公開しないのかそうした判断が求められることが,この活動をした後ならばはっきりとわかります。そして,この技術をハッキングなどを用いて悪用する人が現れた時の対策まで考えさせることができます。

参考資料
・ユビキタス・コンピュータ革命―次世代社会の世界標準,坂村健
・ユビキタスとは何か―情報・技術・人間 ,坂村健

追伸:
このICタグの授業に続く「未来の技術」については,idea共有サイトにて順次公開していく予定です。こちらもよろしくお願いします。
Posted by namiki at 16:49:13 on 2008/03/01
[閲覧(1664)][コメント(1)]

2008年02月18日
並木会 in Yatabehigashi  Tsukubaお知らせ
谷田部東中&朝日中@技術担当です。

 先日2月15日につくば市立谷田部東中学校で並木会が行われました.盛りだくさんの並木会となり大変有意義でした。

1 TRCK2007ロボコン報告書予備審査会
 (1)審査基準の見直し&確認
 (2)予備審査
2 TRCK2008について
 (1)日程
 (2)会場
3 その他
 (1)国際Jrロボコンについて

以下は並木会でのロボコン報告書審査会の議論をうけてまとめたものです。
=============================

1 TRCK2007ロボコン報告書予備審査会

(1)審査基準の見直し&確認
ロボコン報告書には, 次年度以降の各校でのロボコンの取り組みに, アイディアやその取り組みを継承し発展させていくという意図があります。よって審査にあたっては,「来年度以降の生徒達にとって価値あるロボコン報告書であるか」を審査員の立ち位置にする必要があります。もちろんそれを実際に確認していては表彰することはできないので, 審査にあたるメンバーで, 来年度以降の生徒達を想定した上で審査が行われる必要があります。
 さらに, 報告書としての表面的な完成度だけが判断基準にならないように注意が必要です。アイディアや取り組みを継承するという営みにいかに貢献したかが問われるべきです。もちろん伝え継承するためには表現力やPC の活用能力も必要です。しかし, 特に最優秀報告書賞に選ばれるべき報告書は, 表現力やPC の活用能力の善し悪しだけではなく,その技術開発の成果を後輩達へ継承するものでなければなりません。アイディアを的確に分かりやすく表現されていることが, 文章でも, 図でも写真でも問われます。

(2)予備審査
 前述の前提のもとに, 以下の3 つの観点で予備審査を行いました。
◆「PC 活用表現」
PC を効果的に活用して, アイディアを的確に表現しているか。
図や写真の加工や工夫など次年度以降の取り組みに影響を与えるものを取り上げたい。
◆「技術開発表現」
報告書の中心的課題, 自分たちの技術開発の取り組みを次年度以降へ継承できる形で表現されているかを見る。
◆「こだわり表現」
ロボコンに情熱を注ぎ込み, 全力で頑張った生徒達の取り組みを評価する。たとえ表現が洗練されたものでなかったとしても, 地道な取り組みが記録として残され次年度へ継承されることで, ロボコンへの情熱を継承することにつながる。この観点に優れる報告書には, 記録賞を与える。 
 予備審査結果については,TRCK2007に掲載されていますのでそちらをご覧ください。

2 TRCK2008について
(1)日程
第1候補 10月25日(土)午後準備
     10月26日(日)県南ロボコン
第2候補 11月1日(土)午後準備
     11月2日(日)県南ロボコン
第3候補 11月2日(日)午後準備
     11月3日(月)文化の日 県南ロボコン

(2)会場
 会場は,候補会場を上げ,規模や運営面を考慮して今後検討していく。

3 その他
(1)国際Jrロボコンについて
 昨年度,国際Jrロボコンin Sapporoに朝日中@技術担当が生徒とともに参加してきました。宿泊型のロボットコンテストで,約一週間の中に製作,観光,懇親,大会などがあり,密度の濃いひと時をすごすことができました。
 来年度は,東京で開催され,日帰りも可能になります。県南からも生徒教師共々多くの参加がされるといいですね。全国からロボコンのトップクラスの指導者が終結します。そんなことはまったく知らず参加したのですが,大変勉強になりました。

(2)関ブロに向けて
 熱い議論がなされました。ロボコンやプレ授業とのバランス,テーマと実践のバランスなどなど,県南の推進委員会もますます加速しそうです。


続きを読む
Posted by namiki at 10:27:16 on 2008/02/19
[閲覧(1622)][コメント(2)]

2008年02月01日
並木会 in Yatabehigasshi  Tsukuba実践報告
朝日中@技術担当です。

本日並木会が行われました。県南推進委員会です。
内容は,関ブロに向けての研修です。
 年計の見直しやアンケートの分析,提案内容の再考などなど,充実したひとときでした。刺激的でした。

 なかでも提案内容におけるワークショップは,わくわくでしたね!!
 県南の実践がどんなものであるのかが明確化され,さらに図式化へと様々な議論がなされました。若い力とベテランががっちりと組んだ話し合いはいいですね。私も若い力に負けまいと,必死でした!ワークショップをすると,自分で認識していない視点が見えてきて,思わず「う〜ン」とうなってしまうくらい考えるので勉強になります。
 今晩は若いエネルギーを感じられ,また明日から気合を入れなおしたいと思います。若いエネルギーに負けないよう授業を楽しみたいと思います。

  久しぶりの投稿ですいません。本日以外にも,並木会はアグレッシブに活動しています!!
Posted by namiki at 16:36:18 on 2008/02/02
[閲覧(1643)][コメント(0)]

(1) 2 »

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project